[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「自尊心が傷つくから言いたくないが…」 W杯で韓国が痛感した日本サッカーとの差とは

サッカーのカタール・ワールドカップ(W杯)で2大会連続で16強入りした日本。FIFAによる最終成績は9位となり、次大会まで森保一監督の続投も決まるなど、躍進が際立った。一方、3大会ぶりに16強進出した同じアジアの韓国は最終成績が16位。同じステージ敗退ながら明暗が分かれる結果となった。韓国国内のサッカー関係者やメディアでは、大会直後にかけ、日本と差が生まれた理由や課題などの意見が続々と上がっている。その内容を改めて振り返る。

サッカー日本代表【写真:ロイター】
サッカー日本代表【写真:ロイター】

同じ16強ながら明暗が分かれた日本と韓国の評価

 サッカーのカタール・ワールドカップ(W杯)で2大会連続で16強入りした日本。FIFAによる最終成績は9位となり、次大会まで森保一監督の続投も決まるなど、躍進が際立った。一方、3大会ぶりに16強進出した同じアジアの韓国は最終成績が16位。同じステージ敗退ながら明暗が分かれる結果となった。韓国国内のサッカー関係者やメディアでは、大会直後にかけ、日本と差が生まれた理由や課題などの意見が続々と上がっている。その内容を改めて振り返る。

【特集】初代金メダリストが次世代に繋ぐサポートの輪「夢を持ってくれたら」 / スケートボード・堀米雄斗選手インタビュー(GROWINGへ)

「今や日本は韓国より進んでいる」。そう率直に感想を述べたのは、2010年南アフリカ大会で韓国代表を率いたホ・ジョンム元監督だ。「東亜日報」のインタビューに答えた同氏が強調したのは、日本が育成年代から長期的な強化策を立てていること。「気乗りはしないが、日本の方が上手いということを認めなければならない」と指摘。「ファンはあまりに期待が大きく、勝敗も重要だ。しかも韓日戦だと……」と目先の結果にとらわれてしまう韓国の世論に警鐘を鳴らした。

 そして、このインタビューを担当した記者も同紙のコラムで「私が一番聞いて驚いたのは、ひどくプライドが傷つくので言及したくないが、今や日本サッカーが私たちより強いということだ」と言及。ホ氏は高校年代の強化の差が顕著であるデータも挙げながら「負け続ける韓日戦を見るかもしれないと、ゾッとする。いつか日本がW杯8強や4強に進出するのを羨み見物するだけになりたくないのなら、日本が今のように良くなった過程は必ず学ぶべきだ」と訴えた。

 こうした日本との差を指摘する声は選手自身からも上がった。「中央日報」によると、韓国代表として今大会プレーしたDFキム・ミンジェは、移籍金の高さなどの問題からKリーグから欧州移籍する際のハードルが高いことに言及。「日本が羨ましい」と率直に語り、「日本には欧州選手が多く、競争力がある。実際、比べ物にならない」と話し、プレー環境に課題があることを指摘した。記事では、今大会の欧州組は日本が19人、韓国が8人と半数以下だったことを伝えている。

 反対に、国内から“流出”を危惧しているメディアもある。「スポーツ朝鮮」は全北現代のソン・ボムグンが今季からJ1湘南に、18歳の逸材パク・ウィジョンが高卒でJ1鹿島に加入することに触れた。これにより、GKがJリーグだけで5人、中東で1人プレーすることに。欧州への移籍は難しいにも関わらず、待遇面からJリーグに次々と流れてしまうことを挙げ、「相対的にKリーグの競争力は落ちる。Jリーグのマネーパワーに流出を為す術もなく防げずにいる」と課題を明らかにした。

 参加国が48となる次回26年大会はアジア枠がさらに増えるものの、3大会ぶりの16強進出を果たしてなお、韓国は自国の未来に危機感を募らせているようだ。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集