[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「W杯における狂ったシーンだ」 乱闘寸前の場面でTVには映らなかった珍騒動に海外憤慨

サッカーのカタール・ワールドカップ(W杯)は9日(日本時間10日)、準々決勝でアルゼンチンはオランダと2-2で突入した延長戦で決着つかず、PK戦の末に4-3で勝利。4強進出を決めた。試合はイエローカードが飛び交い、決着後も各所で選手やスタッフのいがみ合いが見られた大乱戦。試合中には“中継に映らなかった乱入者”も出現するなど、物々しい雰囲気に包まれた。

大荒れのアルゼンチン対オランダ戦、中継に映らなかった乱入者も出現していた【写真:ロイター】
大荒れのアルゼンチン対オランダ戦、中継に映らなかった乱入者も出現していた【写真:ロイター】

アルゼンチン―オランダ戦の後半に…

 サッカーのカタール・ワールドカップ(W杯)は9日(日本時間10日)、準々決勝でアルゼンチンはオランダと2-2で突入した延長戦で決着つかず、PK戦の末に4-3で勝利。4強進出を決めた。試合はイエローカードが飛び交い、決着後も各所で選手やスタッフのいがみ合いが見られた大乱戦。試合中には“中継に映らなかった乱入者”も出現するなど、物々しい雰囲気に包まれた。

【特集】初代金メダリストが次世代に繋ぐサポートの輪「夢を持ってくれたら」 / スケートボード・堀米雄斗選手インタビュー(GROWINGへ)

 せっかくの好カードも大荒れだった。試合前から異様な空気が充満していた一戦。アルゼンチンが1点リードで迎えた後半44分にはアルゼンチンDFパレデスがスライディングタックルでオランダDFアケを倒し、ボールをオランダベンチに蹴り込むと、両チームの選手が入り乱れて乱闘寸前になった。

 実は、このタイミングで男の乱入者も出現していた。この男が服を脱ごうとしていたとあって、中継したABEMAでは実況が「国際映像なので流れないとは思いますが」と“お断り”を入れていた案件。インドスポーツチャンネル「ソニー・スポーツ・ネットワーク」のリポーター、リヒマ・パターク氏はツイッターで「ピッチに侵入したファンを押さえるのに5人の警備員が必要でした! W杯における狂ったシーン」と憤りをつづり、乱入者が取り押さえられる映像を公開した。

 これには日本ファンから「乱入者一切映さず」「カード連発に乱入者、いろいろありすぎ」「カオスな試合」「裸なら映らないの当然」「もうめちゃくちゃ」といった反響が寄せられている。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集