[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

メッシの親友アグエロもイエロー18枚大乱戦に痛烈皮肉「主審はなぜこんな目立ちたがる」

サッカーのカタール・ワールドカップ(W杯)は9日(日本時間10日)、準々決勝でアルゼンチンはオランダと2-2で突入した延長戦で決着つかず、PK戦の末に4-3で勝利。4強進出を決めた。FIFA公式サイトによるとイエローカードが18枚も乱発された一戦に対し、1ゴール1アシストと躍動したFWリオネル・メッシが苦言。メッシの親友としても知られる元アルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロも同調した。

オランダ選手と言い争うアルゼンチンのFWリオネル・メッシ【写真:ロイター】
オランダ選手と言い争うアルゼンチンのFWリオネル・メッシ【写真:ロイター】

メッシも試合後に苦言「主審は試合中ずっと、全てが酷かった」

 サッカーのカタール・ワールドカップ(W杯)は9日(日本時間10日)、準々決勝でアルゼンチンはオランダと2-2で突入した延長戦で決着つかず、PK戦の末に4-3で勝利。4強進出を決めた。FIFA公式サイトによるとイエローカードが18枚も乱発された一戦に対し、1ゴール1アシストと躍動したFWリオネル・メッシが苦言。メッシの親友としても知られる元アルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロも同調した。

【特集】初代金メダリストが次世代に繋ぐサポートの輪「夢を持ってくれたら」 / スケートボード・堀米雄斗選手インタビュー(GROWINGへ)

 後半にはアルゼンチン選手のラフプレーを巡り、乱闘寸前となるなど大荒れだった一戦。ABEMAが中継した試合後のインタビューで、メッシは「こんな終わり方になると思わなかった。審判はあまりにもカードを出しすぎた。観客も見ていると思うが、FIFAがこのようなレフェリングを考えないといけない。このような重要な試合であのような態度は感心しない」とスペイン人主審のアントニオ・マテオ・ラオス氏に苦言を呈した。

 これに同調するように反応したのが、元アルゼンチン代表FWでメッシの親友でもあるアグエロだ。「この主審は、なんでこんなに注目を浴びるのが好きなんだ、ああ神様」とツイート。ラオス主審に対して批判的な見方をしていた。スペイン紙「アス」によると、メッシは会見で「主審は試合中ずっと、全てが酷かった。常に反対の立場をとっていた」と主張しており、不満が収まらない様子だった。

(THE ANSWER編集部)





W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集