[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥が弱点指摘に反論 不敵なバトラー陣営に「防御が一番得意。1発ももらわない」

ボクシングのWBAスーパー&IBF&WBC世界バンタム級3団体統一王者・井上尚弥(大橋)が13日、東京・有明アリーナでWBO世界同級王者・ポール・バトラー(英国)と4団体王座統一戦を行う。10日は神奈川・横浜市内のホテルで「NTTドコモ Presents PXB WORLD SPIRITS」の会見に出席。弱点を指摘してきたバトラーに反論した。戦績は29歳の井上が23勝(20KO)、34歳のバトラーが34勝(15KO)2敗。

ポール・バトラーとの4団体王座統一戦会見に出席した井上尚弥【写真:浜田洋平】
ポール・バトラーとの4団体王座統一戦会見に出席した井上尚弥【写真:浜田洋平】

バトラーは不敵な笑み「弱さを見せたらそこを突く」

 ボクシングのWBAスーパー&IBF&WBC世界バンタム級3団体統一王者・井上尚弥(大橋)が13日、東京・有明アリーナでWBO世界同級王者・ポール・バトラー(英国)と4団体王座統一戦を行う。10日は神奈川・横浜市内のホテルで「NTTドコモ Presents PXB WORLD SPIRITS」の会見に出席。弱点を指摘してきたバトラーに反論した。戦績は29歳の井上が23勝(20KO)、34歳のバトラーが34勝(15KO)2敗。

 アジア人初、世界でも史上9人目の4団体統一を狙う井上は、バトラーの先制“口撃”に反応した。公開練習でもバトラーのトレーナー兼マネージャーを務めるジョー・ギャラガー氏が、井上には「ディフェンスに弱点がある」と指摘。会見でこれについて話を振られたモンスターはこう返した。

「本当にディフェンスに徹底したら、きっと一発ももらわないだろうという自信がある。そこはボクシングだから倒しに行くわけで、その中で被弾は少なからずある。実はディフェンスが一番得意なんだというところを見せたい。4本のベルトを集めるのはバンタム級のNo.1を示す、自分にとって凄く必要なベルトだと思っている。4本集めてからスーパーバンタム級に。また進化を遂げていきたいと思っている」

 一方、バトラーは「弱さを見せた時にはそこを突いていきたい」と不敵な笑み。好戦的なコメントは少なく、「(井上は)非常にいい選手だと思っている。いい選手と戦う、それだけです。(自分は)非常に調子はいい。リングに上がれば自分の仕事をするだけだと思っています」と英国紳士らしく優等生発言に終始した。

 試合は「dTV」「ひかりTV」にて生配信される。井上が勝てばWBAは8度目(正規王座を含む)、IBFは6度目、WBCは初防衛。WBOのバトラーも初防衛戦となる。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集