[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、MLBトップ級だらけの“誰も打てない28種”に2度登場 米興奮「ヤバすぎる」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は今季二刀流の活躍を見せ、投手としては9勝2敗で防御率3.18、156奪三振の成績を残した。MLBは今季両リーグで見られた“エゲツない”投球を28種公開。大谷も2球種で登場した。誰も打てなさそうな映像に、米ファンから「オオタニのフロントドアだ」「1時間見ていられる」とコメントが書き込まれている。

エンゼルスの大谷翔平【写真:AP】
エンゼルスの大谷翔平【写真:AP】

大谷のスプリットとスライダーが脚光を浴びる

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は今季二刀流の活躍を見せ、投手としては9勝2敗で防御率3.18、156奪三振の成績を残した。MLBは今季両リーグで見られた“エゲツない”投球を28種公開。大谷も2球種で登場した。誰も打てなさそうな映像に、米ファンから「オオタニのフロントドアだ」「1時間見ていられる」とコメントが書き込まれている。

【特集】競技復帰を決意させた東京パラリンピック 未来へ繋ぐ感謝のバトン / パラバドミントン・鈴木亜弥子さんインタビュー(GROWINGへ)

 メジャー最高級のメンバーの中で、大谷が2回も登場した。まずは10番目、ホワイトソックスのロベルトに投じたスプリットだ。ストンと落ちた球で空振り三振を奪い、雄叫びをあげた。これだけじゃない。動画後半にはアルトゥーベ(アストロズ)をのけ反らせたスライダーが登場した。MVP1度、首位打者3度の強打者も反応できないボールだった。

 MLB公式インスタグラムは「2021年に見られたエゲツない球たち」と記して、28球の映像を公開した。2度登場した大谷のほかにはヤンキースの守護神チャップマンの103マイル(約166キロ)、2度のサイヤング賞に輝いたメッツ・デグロムがコーナーぎりぎりに決めた100マイル(約160キロ)のほかダルビッシュの投球もある。打てっこなさそうな球ばかりだ。

 この映像に米ファンからは「オオタニのフロントドアだ」「1時間この動画を見ていられる」「マジでエグい」「芸術家たち」「ヤバすぎる!」などと反響が寄せられた。打者としてMLB史上初の「45本塁打、8三塁打、25盗塁」を記録した大谷だったが、投手としても優れていることが分かる動画となっていた。

(THE ANSWER編集部)

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集