[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、審判へのウインクでまさかの“受賞” 甦る爽やか映像に反響「めちゃ好き」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は今季二刀流で活躍したが、プレー以外でも数々の注目を浴びた。米投球分析家は「年間ベスト粘着物質検査」に大谷と審判の爽やかなやり取りを独自選出。笑顔で検査を受けた背番号17の映像を公開すると、米ファンからは「この瞬間は一生残る」「彼はマジで最高」と反響が寄せられている。

エンゼルスの大谷翔平【写真:AP】
エンゼルスの大谷翔平【写真:AP】

9月のマリナーズ戦、爽やかなやり取りにファン「彼は最高」

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は今季二刀流で活躍したが、プレー以外でも数々の注目を浴びた。米投球分析家は「年間ベスト粘着物質検査」に大谷と審判の爽やかなやり取りを独自選出。笑顔で検査を受けた背番号17の映像を公開すると、米ファンからは「この瞬間は一生残る」「彼はマジで最高」と反響が寄せられている。

【特集】競技復帰を決意させた東京パラリンピック 未来へ繋ぐ感謝のバトン / パラバドミントン・鈴木亜弥子さんインタビュー(GROWINGへ)

“ウインク”した大谷が再び脚光を浴びている。9月のマリナーズ戦での出来事。7回10奪三振の力投を見せ、マウンドを降りる際に審判に話しかけられた二刀流スター。今季から始まった粘着物質検査を求められたようだが、片目をパチッと閉じて素直に応じた。大谷も審判も笑顔を見せる、爽やかなやり取りだった。

 この映像をツイッターで公開したのは、「ピッチングニンジャ」の愛称で知られる米国の投球分析家ロブ・フリードマン氏。「ピッチングニンジャ・年間ベスト粘着物質検査」と題して、大谷のやりとりを選出したのである。不正投球の取り締まり強化のため、今季から開始された同検査に不満を持つ投手も少なくなかったが、大谷の姿が最も印象的だと判断したようだ。

 米ファンからは「この瞬間は一生残る」「彼はマジで最高」「大きな魅力がある」「めちゃくちゃ彼のことが好きだ」などの反響が寄せられた。大谷は今オフ、「コミッショナー特別表彰」や選手間投票による「プレーヤーズ・チョイス賞」などを受賞。さらにはア・リーグMVP受賞も期待されているが、プレー以外の行動でも評価を受けた形となった。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集