[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

渋野日向子、朝8時20分に励まされた“可愛い声援”の正体「保育園の先生みたいで新鮮」

女子ゴルフの国内ツアー・大王製紙エリエールレディスは21日、愛媛・エリエールGC松山(6545ヤード、パー71)で最終ラウンド(R)が行われた。渋野日向子(サントリー)は通算9アンダー。12月の米ツアー予選会に参加するため今季の国内最終戦だったが、12位で終えた。有観客試合で感じたのはギャラリーの重要さ。特に子供たちから温かい声援を受け「保育園とか幼稚園の先生みたいな気分ですごい新鮮でした」と笑った。

今大会を首位と8打差の12位で終えた渋野日向子【写真:Getty Images】
今大会を首位と8打差の12位で終えた渋野日向子【写真:Getty Images】

大王製紙エリエールレディスで12位…12月に米ツアー予選会に参加

 女子ゴルフの国内ツアー・大王製紙エリエールレディスは21日、愛媛・エリエールGC松山(6545ヤード、パー71)で最終ラウンド(R)が行われた。渋野日向子(サントリー)は通算9アンダー。12月の米ツアー予選会に参加するため今季の国内最終戦だったが、12位で終えた。有観客試合で感じたのはギャラリーの重要さ。特に子供たちから温かい声援を受け「保育園とか幼稚園の先生みたいな気分ですごい新鮮でした」と笑った。

【特集】競技復帰を決意させた東京パラリンピック 未来へ繋ぐ感謝のバトン / パラバドミントン・鈴木亜弥子さんインタビュー(GROWINGへ)

 渡米前最後の1ラウンドで励まされた。朝8時20分スタートだった渋野。1番のティーショットを打った後、第2打に向かう途中にコース脇から「日向子ちゃん頑張って~!」と可愛らしい声援が飛んだ。声の主は、渋野の名前入りタオルを掲げたちびっ子たち。発見した渋野も笑顔で手を振っていた。

 渋野によると、ジュニアの時に通っていたスクールの子供たちで、小学校も同じ子もいる。会見では「地元の子なんですけど、走り回って、疲れ知らずのみんなですが、本当に応援しに来てくれてめちゃくちゃ有難かったですし、誰よりも声を出して応援をしてくれたので、凄く嬉しかったです」と感謝した。

 早起きして松山の会場に駆けつけてくれた子供たち。渋野がボギーを打っても、変わらず18ホール付いてきてくれた。スコアを2つ伸ばして迎えた最終18番は「もう全集中していました」。見事なバーディー締めで、今季の国内最終戦を終えた。

「可愛くて、後ろでちょこちょこしていましたし、走り回っていましたし。気を付けてって言ったり、走らないでって言ったり、もう保育園とか幼稚園の先生みたいな気分ですごい新鮮でした」

 まるで“引率”しているかのようだったと語る渋野。今季のファンに対しては「少しずつ有観客でやらせてもらえるようになって、制限の中で応援しに来てくださっている皆さんも沢山いた。プレーをする有難さ、応援して下さっている方の大切さを感じるきっかけになった」と感謝した。12月には米ツアー予選会に参加。コロナ禍で改めて感じたギャラリーの有難みを胸に、異国での戦いに挑む。

(THE ANSWER編集部・宮内 宏哉 / Hiroya Miyauchi)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集