[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

渋野日向子が3位発進 あと1mでホールインワン達成も「やめて」と切に願ったワケ

女子ゴルフの国内ツアー「樋口久子・三菱電機レディス」が29日、埼玉・武蔵丘GC(6650ヤード、パー72)で開幕した。前週予選落ちした渋野日向子(サントリー)は6バーディー、3ボギーの69で回り、3アンダーで首位に1打差、河本結(リコー)と並ぶ3位発進した。4アンダーの申ジエとペ・ソンウ(ともに韓国)が首位。

3アンダーで首位に1打差の3位発進となった渋野日向子【写真:Getty Images】
3アンダーで首位に1打差の3位発進となった渋野日向子【写真:Getty Images】

樋口久子・三菱電機レディスが開幕

 女子ゴルフの国内ツアー「樋口久子・三菱電機レディス」が29日、埼玉・武蔵丘GC(6650ヤード、パー72)で開幕した。前週予選落ちした渋野日向子(サントリー)は6バーディー、3ボギーの69で回り、3アンダーで首位に1打差、河本結(リコー)と並ぶ3位発進した。4アンダーの申ジエとペ・ソンウ(ともに韓国)が首位。

【特集】競技復帰を決意させた東京パラリンピック 未来へ繋ぐ感謝のバトン / パラバドミントン・鈴木亜弥子さんインタビュー(GROWINGへ)

 8番パー3。渋野が6番アイアンを振り切ると、ボールはグリーンエッジでバウンドし、カップへと向かった。観客は「行け」と声を上げたが、渋野は「やめて」と念じていた。その思いは通じて、カップの手前1メートルでストップした。

「あそこで止まっとって良かったです。(第1打が)グリーンをキャッチしていなかったからですが、30センチ前にいっていたらそのまま(カップに)いったかもしれません。危なかったです(笑)」

 どうして、そこまでホールインワンを嫌がるのか。理由は、昨年大会第1ラウンド(R)にあった。同じ8番パー3。渋野はツアー2度目のホールインワンを決めたものの、65位で予選落ちした。アマチュア時代から、ホールインワンを決めた試合は5戦全て予選落ちのジンクスを当時告白。今大会前には「8番は、もう嫌な思い出として今年は入れん」と宣言していた。

 そんなゲン担ぎもあって、渋野はこのホールを境にスコアを伸ばした。後半の11番パー4では、グリーン奥から6ヤードのアプローチを直接入れてバーディー。最終18番パー5でも、25ヤードの第3打を50センチに寄せてバーディーフィニッシュを決めた。

「(予選落ちした)先週と比べてもショットの距離感が合ってきました。トップまでゆっくり上げて、切り返しが速くならないことと、振り切ることを意識しています。日替わりですが、今日はいい感じでしたね」

 19年シーズンも予選落ちした翌週に優勝を飾ったことがある。かつての攻め一辺倒ではなく、「守る」ことを覚えた22歳。残り2R、36ホールも目が離せない。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集