[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

渋野日向子が涙一転のスマイル 復活V直後の1枚にファン祝福「やっぱりシブコは素敵」

女子ゴルフの国内ツアー・スタンレーレディス最終ラウンド(R)は10日、静岡・東名CC(6592ヤード、パー72)で行われ、2打差の5位で出た渋野日向子(サントリー)が約1年11か月ぶりの優勝を遂げた。日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)が優勝トロフィーを掲げた写真とともに復活Vを伝えると、ファンから「やっぱり笑顔は素敵」「もらい泣きでした」などと反響が寄せられている。

1年11か月ぶりの優勝を遂げ、涙を流す渋野日向子【写真:Getty Images】
1年11か月ぶりの優勝を遂げ、涙を流す渋野日向子【写真:Getty Images】

スタンレーレディスで1年11か月ぶりの優勝、ファン「感無量です」

 女子ゴルフの国内ツアー・スタンレーレディス最終ラウンド(R)は10日、静岡・東名CC(6592ヤード、パー72)で行われ、2打差の5位で出た渋野日向子(サントリー)が約1年11か月ぶりの優勝を遂げた。日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)が優勝トロフィーを掲げた写真とともに復活Vを伝えると、ファンから「やっぱり笑顔は素敵」「もらい泣きでした」などと反響が寄せられている。

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 11月6日オープン、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」とは

 歓喜の涙を流した渋野が、一転いつものスマイルを見せた。白のトップス姿で、優勝者に贈られるクリスタルのトロフィーを両手にとり、顔の高さに掲げている。プレーオフで優勝を決めた後には、両手で顔を覆いながら涙したが、ここでは白い歯を見せ、晴れ晴れとした表情だ。

 実際の写真をJLPGA公式ツイッターが公開し、文面では「渋野日向子がプレーオフを制し、1年11か月ぶりツアー5度目の優勝」と伝えた。久々の優勝に、早速ファンからは「おめでとう!」と祝福が寄せられており、「ますます女子ゴルフから目が離せない!」「感無量です」「やっぱりシブコの笑顔は素敵ですね」「本人より先に涙出ました」「家族みんなもらい泣きでした」などとも書き込まれていた。

 通算10アンダーで並んだ明秀学園日立高3年の佐藤心結(みゆ)ら4人でのプレーオフを制した渋野。これで海外メジャー1勝を除き、国内ツアー通算5勝目となった。

(THE ANSWER編集部)

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集