[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

復活V渋野日向子、苦しんだ2年間を回顧 年下の台頭に「自分が置いていかれている」

女子ゴルフの国内ツアー・スタンレーレディス最終ラウンド(R)は10日、静岡・東名CC(6592ヤード、パー72)で行われ、2打差の5位で出た渋野日向子(サントリー)が約1年11か月ぶりの復活優勝を遂げた。6バーディー、2ボギーの68で回り、通算10アンダーで並んだ明秀学園日立高3年の佐藤心結(みゆ)、木村彩子(富山常備薬グループ)、ペ・ソンウ(韓国)とのプレーオフで粘り勝ち。海外メジャー1勝を除き、国内ツアー通算5勝目となった。渋野は会見では、勝てなかった間の心境などを振り返った。

約1年11か月ぶりの復活優勝を遂げた渋野日向子【写真:Getty Images】
約1年11か月ぶりの復活優勝を遂げた渋野日向子【写真:Getty Images】

スタンレーレディス、渋野日向子一問一答<1>

 女子ゴルフの国内ツアー・スタンレーレディス最終ラウンド(R)は10日、静岡・東名CC(6592ヤード、パー72)で行われ、2打差の5位で出た渋野日向子(サントリー)が約1年11か月ぶりの復活優勝を遂げた。6バーディー、2ボギーの68で回り、通算10アンダーで並んだ明秀学園日立高3年の佐藤心結(みゆ)、木村彩子(富山常備薬グループ)、ペ・ソンウ(韓国)とのプレーオフで粘り勝ち。海外メジャー1勝を除き、国内ツアー通算5勝目となった。渋野は会見では、勝てなかった間の心境などを振り返った。

【注目】インターハイ2021「できっこないを、やる夏だ。」 インターハイ応援プロジェクト特設サイトはこちらから

――優勝を決めて率直な感想は。

「こんなに早く勝てると思わなかったので、不思議な気持ちです。でも、うれしいです」

――優勝が決まった瞬間、涙が溢れていました。

「勝てなかった2年間は短かったようで、長かったです。いろんなことを思い出して、お世話になった方々にこれでいい報告ができると思って、涙が出てきました」

――プレー中はどんな心境でしたか。

「首位に2打差のスタートで、8番でようやくバーディーが取れたのに、10番でボギーが来て『やばい』と思いました。その後、11番でバーディーが取れて、ギアを上げて最後までいきました。ラウンド中は『勝ちたいと思わないように』と思いながら、『チャンスがあれば』という欲もあったりで、心の中がゴチャゴチャしていました。ただ、後半は『またいつ優勝争いできるか分からない』と思って、思い切りやりました」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集