[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

村田諒太の「リアル」な生き方 亡き友に“捧がない”初防衛「安らかに。それだけ」

ボクシングのトリプル世界戦が23日、神奈川・横浜アリーナで行われ、WBA世界ミドル級王者・村田諒太(帝拳)は同級8位スティーブン・バトラー(カナダ)に5回2分45秒TKO勝ち。亡き友に“捧ぐことのない”初防衛を果たした。リアルを地で行く男は、弱さをさらけ出す人間臭さを漂わせながら真の頂きを目指す。

5回TKO勝ちし、初防衛に成功した村田諒太【写真:荒川祐史】
5回TKO勝ちし、初防衛に成功した村田諒太【写真:荒川祐史】

10月に練習相手が試合後に死去、村田諒太の胸中「僕には何もできない」

 ボクシングのトリプル世界戦が23日、神奈川・横浜アリーナで行われ、WBA世界ミドル級王者・村田諒太(帝拳)は同級8位スティーブン・バトラー(カナダ)に5回2分45秒TKO勝ち。亡き友に“捧ぐことのない”初防衛を果たした。リアルを地で行く男は、弱さをさらけ出す人間臭さを漂わせながら真の頂きを目指す。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 10月12日。元世界ランカーのパトリック・デイ(米国)は、米シカゴでスーパーウエルター級のリングに上がった。しかし、KOされた際に後頭部をマットに強打。意識を失って病院に緊急搬送された。頭部に重傷を負って昏睡状態。脳内出血を起こして手術を受けたが、意識は戻らなかった。試合から4日後、命を落とした。まだ27歳だった。

 訃報から1か月後、帝拳ジムで村田の練習が公開された。2017年春から村田の試合のたびに来日し、スパーリングパートナーを務めてくれた戦友の死。亡き友に捧ぐ勝利を――。そんな見出しをイメージしたのか、ある記者がデイの話題を振った。しかし、安易な思惑は村田の返答にかき消された。

「彼のために戦うといっても、それはまた違う話だと思います。僕には何もできないので。僕は亡くなったことを悲しむのではなくて、旅立ちが安らかであることを祈るのが大事なことだと思う。それだけですよね。そこにかこつけて何かを言うのは性に合わないというか、彼の旅立ちが安らかであることが大事」

 いつも記者の質問を真正面に受け止め、本音で応じる。リングで見せるような鉄壁のガードはない。時には毒舌を吐き、記事にはできない言葉が飛び出すのもよくあること。そのたびに笑いの輪ができる。虚勢を張ることもない。7月にロブ・ブラント(米国)から王座奪還した直後は「不安はなかったか?」の問いに胸の内をさらけ出した。

「不安がないわけないでしょ。不安がなかったらルーティンなんてやらないし、こんな哲学的なこと考えないし。不安はあっていいと思う。不安があるから頑張るし、不安があるから成長していると思うし、不安があるから見ていただいて共感していただけると思う。自分はヘタレやしそれでいいと思う」

1 2 3 4
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集