[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 本田真凜、全米女王抑えた 圧巻シニアデビューに米賛辞「最高の明るさが輝いた」

本田真凜、全米女王抑えた 圧巻シニアデビューに米賛辞「最高の明るさが輝いた」

フィギュアスケートのUSインターナショナルクラシック(米ソルトレイクシティ)は15日(日本時間16日)、女子ショートプログラム(SP)で本田真凜(関大高)は自己ベストに迫る66.90点で首位に立った。シニアデビュー初戦で圧巻の滑りを見せた16歳について、米メディアは「最高の明るさが輝いた」と賛辞を送っている。2位には66.18点で昨季の全米女王カレン・チェン(米国)がつけた。

シニア初戦SP首位、米メディアも称賛「鳴り物入りでデビュー遂げた」

 フィギュアスケートのUSインターナショナルクラシック(米ソルトレイクシティ)は15日(日本時間16日)、女子ショートプログラム(SP)で本田真凜(関大高)は自己ベストに迫る66.90点で首位に立った。シニアデビュー初戦で圧巻の滑りを見せた16歳について、米メディアは「最高の明るさが輝いた」と賛辞を送っている。2位には66.18点で昨季の全米女王カレン・チェン(米国)がつけた。

 本田は昨季も演じた「スマイル」を披露。体に染み込んでいるナンバーで、3回転フリップ―3回転トーループの連続ジャンプを決めるなど、ほぼ完璧の演技を見せた。

 圧巻の演技に米スケート専門メディア「icenetwork」は「ホンダ、ユタ州でのシニアデビュー戦でショートプログラム首位」と特集を組み、本田の演技をこう評している。

「マリン・ホンダ、シニアの国際大会に鳴り物入りでデビューを遂げた少女は、愛着のある昨季の曲『スマイル』のムードにマッチした最高の明るさを輝かせながら、氷の上を流れた」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー