[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

0.9秒の衝撃 名遊撃手の“止まらない美技”にため息「これ以上軽々できない」

米大リーグで遊撃手がダイビングキャッチから回転し、スローイングまで一瞬たりとも止まらずに披露。これぞまさしく“美技”という美しきファインプレーをMLBは公式ツイッターに動画付きで紹介し、ファンから感嘆のため息が漏れている。

カブス24歳バエスが捕球→回転→送球まで一瞬たりとも止まらないスーパープレー

 米大リーグで遊撃手がダイビングキャッチから回転し、スローイングまで一瞬たりとも止まらずに披露。これぞまさしく“美技”という美しきファインプレーをMLBは公式ツイッターに動画付きで紹介し、ファンから感嘆のため息が漏れている。

 これを“美技”と呼ぶのだろう。華麗という表現がぴったりのスーパープレーを演じたのは、カブスの遊撃手、ハビエル・バエス内野手だ。

 15日(日本時間16日)のカージナルス戦。0-1とビハインドで迎えた2回2死無走者だった。右腕ラッキーに対し、右打者ウォンはピッチャーの三塁側を抜ける強い打球を放った。二遊間を抜けようかというあたりに対し、飛びついたのがバエスだった。やや深めに守っていた背番号9は、二塁ベース後方で半身になりながらスライディングで見事にキャッチ。すると、ここから信じられないようなプレーを見せる。

 そのままくるっと一回転するようにして体勢を立て直すと、動きを流れるように右膝を芝生に付いたまま一塁へ送球。ノーバウンドの正確なスローイングでアウトにしてみせた。捕球してから起き上がってスローイングの体勢に入るまで、わずか0.9秒。何よりも評価されるべきは、一瞬たりとも動きを止めず、やってのけたことだろう。

 本来ならド派手に見せるプレーを一瞬にして、いとも簡単に見せてしまうのは、超一流たるゆえん。MLBも「これ以上に円滑に軽々とやってのけることは決してできない」と公式ツイッターに驚きの言葉とともに動画を掲載し、ファンから簡単の声が続々と寄せられていた。

 これまでも抜群の身体能力を生かしたファインプレーを演じてきたプエルトリコ出身、24歳の名遊撃手。チームも見事に8-1と逆転勝ち。流れをもたらしたスーパープレーは価値あるものになった。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集