[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥、カシメロとの統一戦は先送りか 次戦相手にはWBC王者ウーバーリが再浮上

ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)の次戦の相手候補に急浮上しているのが、WBOタイトルを統一したジョンリル・カシメロ(フィリピン)だ。5日まで都内で行われていたWBO総会でマッチメーク実現の機運も高まっていたが、フィリピン地元紙は交渉について、一歩後退とした上で「ウーバーリ戦の可能性」とWBC王者との統一戦を報じている。

井上尚弥【写真:AP】
井上尚弥【写真:AP】

カシメロ陣営がコメント「イノウエは完治を優先したいとのこと」

 ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)の次戦の相手候補に急浮上しているのが、WBOタイトルを統一したジョンリル・カシメロ(フィリピン)だ。5日まで都内で行われていたWBO総会でマッチメーク実現の機運も高まっていたが、フィリピン地元紙は交渉について、一歩後退とした上で「ウーバーリ戦の可能性」とWBC王者との統一戦を報じている。

【特集】若き天才ジャンパーはなぜ飛躍したのか 快挙の裏にあったメンタルの成長 / 男子スキージャンプ・小林陵侑インタビュー(GROWINGへ)

“11秒KO男”ゾラニ・テテ(南アフリカ)との団体内統一戦を制したカシメロと井上の3本のベルトをかけたビッグマッチ実現に注目が集まる中、フィリピン地元紙「インクワイアー」は「残念、イノウエはまだ準備ができていない」と見出しで特集している。

 カシメロと契約する「MP(マニー・パッキャオ)プロモーションズ」のマッチメーカー、ショーン・ギボンズ氏も今回の総会のために来日。直接交渉の行方に注目が集まっていたが、3団体統一戦の開催へ前進しなかったようだ。

「イノウエは完治を優先したいのこと。それが結論だ」とギボンズ氏は語ったという。

 井上は11月のワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)決勝のノニト・ドネア(フィリピン)戦で右目の眼窩底と鼻骨骨折という重傷を負っていた。回復を待つ方針で、記事では「トップランク社は予定されていた交渉は進まなかったと言っている」とも報じている。

 テテ撃破後に「イノウエと戦いたい。モンスター、出てこいや!」と挑発していたカシメロ。対して井上も自身のツイッターで前向きに反応したことから、WBAスーパー、IBF、WBOの3団体統一戦実現の機運は高まっていたが、今回の交渉で進展が見られなかったことで、別の王者がモンスターの次戦の相手に浮上したとみている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集