[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ラグビーW杯に続き意外な“日本製”が流行? 海外記者興奮「こんなの初めて食べた」

日本初開催の女子ハンドボール世界選手権に出場している世界ランク13位の日本代表「おりひめJAPAN」は6日、D組の1次リーグ最終戦(パークドーム熊本)で同20位の中国と対戦し、35-18で勝利した。3勝2敗の勝ち点6で6チーム中3位となり、8日の2次リーグ初戦はモンテネグロと対戦する。そんな中、取材で来日した海外メディアが絶賛する逸品が“再来”した。

ランチパックを頬張るアルゼンチン人のカメラマン【写真:浜田洋平】
ランチパックを頬張るアルゼンチン人のカメラマン【写真:浜田洋平】

熊本で開催の女子ハンドボール世界選手権、海外メディアが喜んだものとは

 日本初開催の女子ハンドボール世界選手権に出場している世界ランク13位の日本代表「おりひめJAPAN」は6日、D組の1次リーグ最終戦(パークドーム熊本)で同20位の中国と対戦し、35-18で勝利した。3勝2敗の勝ち点6で6チーム中3位となり、8日の2次リーグ初戦はモンテネグロと対戦する。そんな中、取材で来日した海外メディアが絶賛する逸品が“再来”した。

【PR】オフィスが一瞬でハンドボール場に!? おりひめJAPAN4人の魅力溢れる動画が話題に

 熊本で連日熱戦が繰り広げられているハンドボール。日本が1次リーグを戦ったパークドーム熊本では、D組のロシア、スウェーデン、アルゼンチンなど各国のメディアも集まった。記者やカメラマンが作業するプレスルームには、果物やお菓子など軽食が用意されている。そんな中、1次リーグ最終戦が行われた6日は、海外メディアが意外な“メイド・イン・ジャパン”に興味津々となるシーンがあった。

 リンゴやバナナ、ソーセージ、ポテトサラダが並べられたテーブル。その隣には透明な袋に入った白いパンが置かれていた。「なんだこの食べ物は!」と海外記者は驚くが、日本人なら一目瞭然。有名なヤマザキの「ランチパック」だった。

 日本メディアに「なんだこれは!? サンドイッチか?」と尋ねる海外メディア。この日用意されていたのは、たまご、ピーナッツ、ツナマヨネーズの3種類だった。「たくさん種類があるじゃないか!」「これは何の味なんだ?」と興奮した様子。今大会の取材で初来日となったアルゼンチン人のカメラマンは「こんなの初めて食べたよ。このカットされている端の部分が素晴らしい。とっても美味しいね」と嬉しそうに頬張っていた。

 実は“日本製サンドイッチ”が海外記者の心を虜にしたのは初めてではない。五輪、サッカーワールドカップ(W杯)に次ぐスポーツ3大イベントのラグビーW杯でも、プレスルームなどで大流行していた。日本中を沸かせた大会でも各会場に用意されていたようで、各国メディアが驚き交じりにリポート。SNSでも紹介され、英公共放送「BBC」も特集を組んで注目するほど絶賛の逸品となっていた。

 ラグビーW杯で一躍世界から脚光を浴びた日本のおもてなし文化。ハンドボールでも海外メディアを喜ばせる逸品となったようだ。

(THE ANSWER編集部・浜田 洋平 / Yohei Hamada)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集