[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

悪童ネリ、計量失敗前に暴言連発 先輩リゴンドー酷評「退屈」「みんな彼を知らない」

ボクシングのWBCシルバー・バンタム級タイトルマッチは22日(日本時間23日)、前WBC世界同級王者ルイス・ネリ(メキシコ)が前日計量でリミットを1ポンド(約450グラム)オーバーでクリアできず。一発クリアした元IBF同級王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトルコ)が実施を拒否し、試合はキャンセルになった。各方面から大ブーイングを浴びている計量失敗の直前、問題児は五輪連覇王者のレジェンドに対して「退屈」と侮辱していたことが明らかになった。

ルイス・ネリ【写真:Getty images】
ルイス・ネリ【写真:Getty images】

計量失敗前にメディアに言いたい放題、井上相手には再三挑発

 ボクシングのWBCシルバー・バンタム級タイトルマッチは22日(日本時間23日)、前WBC世界同級王者ルイス・ネリ(メキシコ)が前日計量でリミットを1ポンド(約450グラム)オーバーでクリアできず。一発クリアした元IBF同級王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトルコ)が実施を拒否し、試合はキャンセルになった。各方面から大ブーイングを浴びている計量失敗の直前、問題児は五輪連覇王者のレジェンドに対して「退屈」と侮辱していたことが明らかになった。

【特集】日本のエースはなぜ畳に上がるのか 「勝ち続けることで違う境地に」 / 男子柔道・大野将平インタビュー(GROWINGへ)

 FOXスポーツのペイパービューで生中継された米興行「プレミア・ボクシング・チャンピオンズ(PBC)」の前座で開催される注目のマッチアップは、自らの愚行で急遽中止となったロドリゲス戦の計量当日、米地元紙「エル・ヌエボ・ヘラルド」では不遜な発言を連発していた。

「バンタム級はとてもタフな階級になった。オレはこの階級最強の1人だ。ナオヤ・イノウエとオレこそがこの階級のリーダーだ。そして、オレの方が強い」

 IBF・WBAスーパー王者の井上尚弥(大橋)を相変わらず挑発していたネリだったが、ロドリゲス戦では前日計量で1ポンド(450グラム)オーバー。再計量を命じられたがこれを拒否し、ロドリゲス側と金銭面での補填交渉に入っていた。

「オレはハードにトレーニングして、ファイトを楽にする。ジムで必死にトレーニングすればするほど、ファイトは楽に終わる」と語っていたはずだが、ボクサーにとっては“前哨戦”ともいえる減量の努力をお金で解決しようとしていたのだ。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集