[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

海老沼匡、10年ぶり大会Vで五輪出場へアピール 絶対王者・大野将平欠場の間に意地

東京五輪代表選考会の一つとなっている柔道グランドスラム(GS)大阪大会の第2日が23日、丸善インテックアリーナ大阪で行われ、男子73キロ級の海老沼匡(パーク24)が決勝で2017年世界選手権覇者の橋本壮市(パーク24)を下し、同級では大会初優勝に輝いた。66キロ級だった09年大会以来10年ぶりの大会制覇。欠場したリオ五輪金メダルの大野将平(旭化成)が君臨する階級で五輪争いに踏みとどまる結果を残した

海老沼匡【写真:Getty images】
海老沼匡【写真:Getty images】

東京五輪出場へサバイバルマッチ、五輪連続銅の29歳が絶対王者の五輪切符に待った

 東京五輪代表選考会の一つとなっている柔道グランドスラム(GS)大阪大会の第2日が23日、丸善インテックアリーナ大阪で行われ、男子73キロ級の海老沼匡(パーク24)が決勝で2017年世界選手権覇者の橋本壮市(パーク24)を下し、同級では大会初優勝に輝いた。66キロ級だった09年大会以来10年ぶりの大会制覇。欠場したリオ五輪金メダルの大野将平(旭化成)が君臨する階級で五輪争いに踏みとどまる結果を残した。

【特集】日本のエースはなぜ畳に上がるのか 「勝ち続けることで違う境地に」 / 男子柔道・大野将平インタビュー(GROWINGへ)

 始めの合図の瞬間、海老沼が「しゃー!」と叫んだ。東京五輪への生き残りを懸けた戦い。互いに襟を持たせない展開が続いた。緊迫した空気に会場が静まり返る。4分間、両者ともに技を決めることはできず、ゴールデンスコア方式の延長に入った。

 延長43秒、橋本が投げにいくがうまくかからない。同1分6秒には橋本に指導が付いた。同じパーク24所属選手による決勝。会場からは両者へ平等な応援が続いた。同4分には海老沼に指導。最後は海老沼が寝技に持ち込み、同5分4秒に横四方固めによる一本勝ちで計9分4秒の熱闘に決着をつけた。

 初戦はドイツ選手に小外刈りと隅落としで合わせ技一本。2回戦はヨルダン選手に後袈裟固めで一本勝ちした。3回戦もスウェーデン選手に内股を決めると、タジキスタン選手に小内巻込で技あり優勢勝ち。準決勝は原田健士(日体大)に横四方固めによる技ありで優勢勝ちした。

 この階級で実力の抜けた存在となっている大野は、10月末の稽古中に左手人さし指を痛めて今大会を欠場。8月の世界選手権を制していたため、今大会で勝てば五輪内定の可能性があった。柔道私塾の講道学舎で大野の先輩となる海老沼は、五輪代表争いに向け、絶対王者・大野のいない間に国際大会で猛アピールした。

 66キロ級で五輪2大会連続銅メダルを獲得した海老沼は、17年夏に73キロ級に階級変更。昨年4月の全日本選抜体重別選手権で初対戦した大野に勝利したが、昨年のGS大阪決勝では敗戦。今年の全日本選抜体重別選手権準決勝でも敗れていた。

 五輪代表は来年2月までの主要国際大会終了時点の実績で判断されるか、4月の全日本選抜体重別選手権が最終選考会となる。

(THE ANSWER編集部)

プロ野球徹底ライブ中継&見逃し配信

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集