[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥、ドネア戦は“キンシャサの奇跡”に並ぶ 英誌が名勝負認定「我々は…」

ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)のバンタム決勝は7日、WBA・IBF王者の井上尚弥(大橋)がWBAスーパー王者ノニト・ドネア(フィリピン)に判定勝ち。WBSS制覇を見事に果たした。英メディアでは伝説の名勝負について「ドラマ・イン・サイタマ」という異名を紹介している。

井上尚弥(左)とノニト・ドネア【写真:Getty Images】
井上尚弥(左)とノニト・ドネア【写真:Getty Images】

ドネアとの死闘を「ドラマ・イン・サイタマ」として英紙特集

 ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)のバンタム決勝は7日、WBA・IBF王者の井上尚弥(大橋)がWBAスーパー王者ノニト・ドネア(フィリピン)に判定勝ち。WBSS制覇を見事に果たした。英メディアでは伝説の名勝負について「ドラマ・イン・サイタマ」という異名を紹介している。

【特集】オリンピックに繋がる大会に おりひめジャパンが目指す世界選手権とその先 / 女子ハンドボール日本代表インタビュー(GROWINGへ)

「ナオヤ・イノウエ対ノニト・ドネア戦はクラシック。ドラマ・イン・サイタマの異名を冠せられる」と特集したのは、英ボクシング専門メディア「ワールド・ボクシング・ニュース」だった。

 戦前の井上の圧勝予想を覆し、流血の死闘となったWBSS頂上決戦。12ラウンドまで戦いは続いたが、36歳のレジェンドの強さにも脚光を浴びせている。

「惑星で最も恐怖のファイターとして、モンスターと称えられるイノウエだったが、9回に危機的状況に陥った。ドネアのセンセーショナルな右カウンターで、イノウエはキャリアで初めて後退したのだ」

 そして、伝説の名勝負は後世に語り継がれる異名を冠せられた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集