[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥、卵1個のずれもない調整力 どんぴしゃ計量は19戦16度、衝撃KO生む自己管理

11月7日にさいたまスーパーアリーナで行われるボクシング・ダブル世界戦の前日計量が6日、都内のホテルで行われた。ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級(53.5キロ以下)決勝では、WBA・IBF王者の井上尚弥(大橋)が53.5キロ、WBAスーパー王者ノニト・ドネア(フィリピン)が53.3キロで一発クリア。当然のようにボクサーの義務を果たした裏に、井上はプロとしての意識の高さをうかがわせた。

リミットちょうどの53.5キロで計量をパスした井上尚弥【写真:荒川祐史】
リミットちょうどの53.5キロで計量をパスした井上尚弥【写真:荒川祐史】

世界戦は英国開催のロドリゲス戦を除き、世界戦11連続で計量をリミットパス

 11月7日にさいたまスーパーアリーナで行われるボクシング・ダブル世界戦の前日計量が6日、都内のホテルで行われた。ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級(53.5キロ以下)決勝では、WBA・IBF王者の井上尚弥(大橋)が53.5キロ、WBAスーパー王者ノニト・ドネア(フィリピン)が53.3キロで一発クリア。当然のようにボクサーの義務を果たした裏に、井上はプロとしての意識の高さをうかがわせた。

【特集】オリンピックに繋がる大会に おりひめジャパンが目指す世界選手権とその先 / 女子ハンドボール日本代表インタビュー(GROWINGへ)

 井上はいつも通り、自信を持って計量台に乗った。リミットちょうどの53.5キロがコールされ、両腕を上げてポーズを取る。約60キロから始まった減量。絞り切ったバキバキの体をアピールするかのように無数のフラッシュを浴びた。

 これでプロ19戦目。当然、これまでに計量失敗は一度もない。そればかりか、井上はいつもリミットちょうどでクリアしてきた。19戦のうち、今回で16度目のリミットパスだ。「計量もお互い無事に済んで、お互いに最高の試合をするだけ。最高の気持ちです」と高揚感をにじませた。

 前回5月に行われたエマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)とのWBSS準決勝は、英グラスゴーでの試合だった。慣れない環境、かつ無敗王者の対決でプレッシャーもかかる。万全を期し、早めの減量で余裕を持って落としたことで、結果は100グラムアンダーだった。

 この試合を除くと、今回のドネア戦を含め、世界戦では11試合連続で100グラムのずれもない。運動せずに何時間たてば、基礎代謝でどれくらい体重が落ちるかなどをイメージし、公式計量までに水を飲むなど微調整。研ぎ澄まされた感覚でわずか卵1個分のずれも許さず、多くの報道陣や関係者が待ち受ける計量を乗り越えてきた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集