[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

八村塁、自己最多23得点で圧巻の本拠地デビュー 初3Pに観衆熱狂、4試合連続2ケタ得点

米プロバスケットボール(NBA)のウィザーズの八村塁が30日(日本時間31日)の本拠地開幕戦のロケッツ戦にスタメン出場。自己最多を更新する23得点をマークし、4試合連続での2ケタ得点を達成。しかしチームは158-159で敗れた。

本拠地開幕戦にスタメン出場した八村塁【写真:AP】
本拠地開幕戦にスタメン出場した八村塁【写真:AP】

本拠地開幕戦で試合前には日本語スピーチも披露

 米プロバスケットボール(NBA)のウィザーズの八村塁が30日(日本時間31日)の本拠地開幕戦のロケッツ戦にスタメン出場。自己最多を更新する23得点をマークし、4試合連続での2ケタ得点を達成。しかしチームは158-159で敗れた。

【特集】「美しくなければならない」バレーボール女子代表“火の鳥NIPPON”の挑戦 / バレーボール女子日本代表(GROWINGへ)

 17-18年シーズンMVPのジェームズ・ハーデンと16-17年シーズンMVPで今季新加入のラッセル・ウェストブルック擁するロケッツを、ホーム開幕戦に迎えたウィザーズ。在アメリカ合衆国日本大使の杉山晋輔氏も観戦に訪れる中、八村は試合前に「日本の皆さんこんにちは、八村塁です。日本人がたくさん来ているということで僕もとてもうれしいです。シーズンもよくなると思うので、応援よろしく願いします」と日本語でスピーチし、会場からは拍手が送られた。

 八村は第1クォーター(Q)に、この試合でマッチアップした34歳のベテランP.J.タッカーのファウルを誘うなど、新人らしからぬ落ち着いたプレーで観客を魅了。自らのシュートに走り込み、リバウンドを拾うとそのままリングへ沈めるなど、ハッスルも見せた。

 第2Qには、NBAで自身初となる3ポイントを含む7得点を記録し、前半だけで13ポイントの活躍。開幕戦から続く二桁得点記録も4試合に伸ばした。チームもブラッドリー・ビールのブザー・ビーターで77-76とリードして試合を折り返した。

 第3Qにもこの試合2本目となる3ポイントを沈めると、直後に2ポイントを決めた八村は、再び3ポイントを狙う。臆することなく放ったボールはリングに吸い込まれ会場も熱狂状態に。このシュートにより、八村はNBAデビューから早くも4試合目にして、自身初となる1試合20得点の大台に到達した。

 八村は35分30秒の出場で23得点、5リバウンド。フィールドゴールは15本中9本成功で、成功率は60%。3ポイントは3本すべてを決めた。

 しかしチームは激しい点の取り合いの末に痛恨の逆転負け。本拠地開幕戦を勝利で飾ることはできず、今季の勝敗は1勝3敗となった。次戦は2日(日本時間3日)、本拠地にティンバーウルブズを迎える。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集