[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

石川遼、首位発進ウッズに「鳥肌が立った」 驚異の“タイガー・チャージ”に衝撃

米男子プロゴルフ(PGA)ツアーで日本初開催のZOZOチャンピオンシップは24日、千葉・アコーディア習志野CC(7041ヤード、パー70)で開幕した。今季日本ツアー2勝の石川遼(カシオ)は2バーディー、ボギーなしの68で回り、首位と4打差の2アンダーで7位発進した。米ツアーシードを喪失する前の2017年8月ウィンダム選手権以来約2年ぶりの米ツアー出場。歴代2位の81勝を誇るタイガー・ウッズ(米国)が6アンダーでゲーリー・ウッドランド(米国)と並ぶ首位、日本人最多ツアー5勝の松山英樹(LEXUS)は1打差の5アンダーで3位となった。

首位と4打差の2アンダーで7位発進となった石川遼【写真:荒川祐史】
首位と4打差の2アンダーで7位発進となった石川遼【写真:荒川祐史】

2年ぶり米ツアー出場の石川遼、悲願の米ツアー初優勝へ4打差7位発進

 米男子プロゴルフ(PGA)ツアーで日本初開催のZOZOチャンピオンシップは24日、千葉・アコーディア習志野CC(7041ヤード、パー70)で開幕した。今季日本ツアー2勝の石川遼(カシオ)は2バーディー、ボギーなしの68で回り、首位と4打差の2アンダーで7位発進した。米ツアーシードを喪失する前の2017年8月ウィンダム選手権以来約2年ぶりの米ツアー出場。歴代2位の81勝を誇るタイガー・ウッズ(米国)が6アンダーでゲーリー・ウッドランド(米国)と並ぶ首位、日本人最多ツアー5勝の松山英樹(LEXUS)は1打差の5アンダーで3位となった。

【特集】オリンピックに繋がる大会に おりひめジャパンが目指す世界選手権とその先 / 女子ハンドボール日本代表インタビュー(GROWINGへ)

 石川はスタートの10番パー4、第1打をドライバーで振り抜いた。フェアウェー奥のバンカーに入れたが、パーで凌いだ。歩き出せば「遼くん頑張ってー!」「かっこいい!」「体格大きくなったなぁ」と声が聞こえる。11番パー4の第1打はフェアウェー左に置くと、第2打はピン右手前約10メートルのカラーに。パターで寄せてパーとした。

 パープレーが続く中、18番でこの日初バーディー。2メートル以上が多く残った後半グリーン上もパットで耐え凌ぎ、パーを並べる。8番でバーディーを奪って2アンダー、首位を4打差と上々のスタートだ。自身の1つ前の組では、ウッズがプレー。普段は自分が一番多くギャラリーを引き連れるが、ウッズ人気の凄まじさを改めて知ることになった。

「20年以上、世界のトップに君臨し続けるのもとんでもない。ずば抜けていて、世界ランク1位だった技術の高さがあるし、自分は数回しかそれを目の当たりにしてないけど、非常に尊敬しているし『来てくれてありがとう』という感じですね」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集