[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

人種を超えた“無償のバスケ愛” NBAファンが24年貫く信念「バスケは地球最高の…」

自身の財団設立で子供たちを試合に招待、バスケコートの建設も

 多民族国家と言われるカナダでも、多種多様な人種が集まるトロント。言語、容姿、宗教も異なるが、「世界で最も住みやすい都市」で上位常連の土地でもある。バティアさんは、その魅力について少し自慢げに語った。

【特集】若き天才ジャンパーはなぜ飛躍したのか 快挙の裏にあったメンタルの成長 / 男子スキージャンプ・小林陵侑インタビュー(GROWINGへ)

「世界最高の国だ。34年前に来る機会をくれた。最も多様性があり、最も平和な国なんだ。人々は愛をもって暮らし、調和がとれている。トロントは美しい町。人々は優しく、(人種面で)多様性がある。世界中の様々なところから人々がこの町へやって来る。日本人、フィリピン人、インド人、中国人、パキスタン人…世界で最も多様性のある国。人々はとても優しくて、正直。それにトロントは世界最高の食の町でもあるんだよ」

 ただの熱烈な名物おじさんというわけではない。元々はカーディーラーで、仕事がうまくいかない時代もチケットを買ってコートに駆け付けた。業績を上げ、今では2つのカーディーラー会社のオーナー。さらに非営利の「Nav Bhatia Superfan Foundation」を設立し、自身のグッズなどを販売する。

 カナダだけでなく、世界中の子供たちのため、収益は全てバスケットコートやキャンプを行うための資金にしているそうだ。ラプターズのホームゲームにも、毎試合のようにたくさんの子供たちを招待する。「バスケを好きになってほしいからさ。それにお互いに関係性を築いてほしい。そうすれば差別はなくなるはず。バスケを一緒に見たいと感じ、お互いを好きになるだろ?」。トロントでの暮らしが影響を与えているのかもしれない。

 16年ぶりに日本で行われたNBA。選手はもちろん、DJ、チアリーダー、ダンスパフォーマー、マスコットキャラクターもスタンドに向かって熱を発する。2試合で4万人が集まり、世界最高峰のプレーで会場には一体感が生まれた。その一人となった名物ファンの“ターバンおじさん”は、柔和な笑みで語った。

「バスケットボールを愛している。私は“トロント出身”だからラプターズが好きなんだ。バスケは地球上最高のエンターテインメントさ。そして、人々を一つにするんだよ」――。

(THE ANSWER編集部・浜田 洋平 / Yohei Hamada)

ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集