[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

コート横も超豪華 錦織&大坂観戦の日本開催第2戦はロケッツがラプターズに雪辱

米プロバスケットボール(NBA)のプレシーズンゲームが10日、さいたまスーパーアリーナで行われ、ヒューストン・ロケッツが昨季王者のトロント・ラプターズを118-111で下した。今回で16年ぶりの日本開催となったNBAは通算14試合目となり、8日の第1戦と同カード。2万348人が集まった8日は、ラプターズが134-129で勝利していた。

今季ロケッツに加入したウェストブルック【写真:AP】
今季ロケッツに加入したウェストブルック【写真:AP】

16年ぶり日本開催のNBA第2戦、元大関・小錦も

 米プロバスケットボール(NBA)のプレシーズンゲームが10日、さいたまスーパーアリーナで行われ、ヒューストン・ロケッツが昨季王者のトロント・ラプターズを118-111で下した。今回で16年ぶりの日本開催となったNBAは通算14試合目となり、8日の第1戦と同カード。2万348人が集まった8日は、ラプターズが134-129で勝利していた。

【特集】日本のエースはなぜ畳に上がるのか 「勝ち続けることで違う境地に」 / 男子柔道・大野将平インタビュー(GROWINGへ)

 ラプターズは1年を通じて最も成長した選手に贈られるMIP賞に輝いたフォワードのパスカル・シアカムらが先発。スターが開始わずか40秒で魅せた。身長183センチのフレッド・バンブリートのパスを空中で受けたシアカムがそのままダンク。圧巻のアリウープで先制し、超満員のスタンドはいきなり最高潮に達した。

 ロケッツは16-17年シーズンMVPで今季新加入のラッセル・ウェストブルック、17-18年シーズンMVPのジェームズ・ハーデンらが先発。選手紹介で一番の歓声を浴びたウェストブルックは、お返しと言わんばかりにクリント・カペラへのパスでアリウープを演出した。第1クォーター(Q)は30-23のロケッツリードで終了。ラプターズは今夏のW杯を制したスペイン代表Cマルク・ガソルも出場するなど、序盤から大熱狂となった。

 コートサイドも超豪華だ。NBAと提携する楽天の三木谷浩史会長兼社長の両サイドには、錦織圭、大坂なおみの姿も。ロケッツベンチ横の最前列に座り、大型モニターに映し出されると、NBA選手にも劣らない歓声が沸いた。ゴール横には元大関でタレントのKONISHIKIさんも。「Sumo wrestler!!」と紹介されると、巨体をアピールするように胸を張って盛り上げていた。

 タイムアウト時には、2003年ドラフトで全体4位指名を受け、リーグを代表するPFでNBAオールスター常連だったクリス・ボッシュ、史上2番目のブロックショットをマークして殿堂入りしているディケンベ・ムトンボもコートに登場。レジェンドの“参戦”にバスケファンは夢のような時間を過ごした。

 前半は63-55でラプターズが逆転して終了。第3Qも白熱したプレーが続き、米国代表として12年ロンドン五輪金メダル、14年W杯でも優勝メンバーだったハーデンは、第3Q終了までに22得点。豪快なダンクに高速パス、激しい接触、空中戦、鮮やかな3ポイントなど世界トップレベルに観衆は拍手喝采だった。日本のバスケファンにはお馴染み、大人気漫画・スラムダンクの主題歌「君が好きだと叫びたい」が試合の合間に流れると、口ずさむファンが大勢いた。

 シーズン開幕戦は、ラプターズがドラフト全体1巡目指名を受けたザイオン・ウィリアムソンを擁するニューオーリンズ・ペリカンズと22日(日本時間23日)に激突。ロケッツは24日(同25日)にミルウォーキー・バックスと対戦する。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集