[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

服部勇馬が大迫傑との5秒差を生んだ理由 五輪切符の裏でやり続けた「嫌なこと」

マラソングランドチャンピオンシップ(MGC・明治神宮外苑発着)が15日に行われ、30人が出場した男子は中村匠吾(富士通)が2時間11分28秒で1位となり、東京五輪代表に内定した。服部勇馬(トヨタ自動車)も2時間11分36秒の2位で内定。残り1枠は今後3つの対象大会で争われる。

東京五輪代表に内定した服部勇馬【写真:荒川祐史】
東京五輪代表に内定した服部勇馬【写真:荒川祐史】

妹手作りのお守りに写真忍ばせ力走

 マラソングランドチャンピオンシップ(MGC・明治神宮外苑発着)が15日に行われ、30人が出場した男子は中村匠吾(富士通)が2時間11分28秒で1位となり、東京五輪代表に内定した。服部勇馬(トヨタ自動車)も2時間11分36秒の2位で内定。残り1枠は今後3つの対象大会で争われる。

【特集】「美しくなければならない」バレーボール女子代表“火の鳥NIPPON”の挑戦 / バレーボール女子日本代表(GROWINGへ)

 服部は五輪へのチャンスを見逃さなかった。終盤までもつれ込んだ夏の決戦。3人に絞られた優勝争いから中村が抜け出す。日本記録保持者の大迫傑(NIKE)は脇腹を押さえ、さらに後ろを振り返った。その瞬間、30度近くまで上がった暑さのなか、追う服部の脳は冷静に働いた。

「2人が抜け出して、20メートル離れて登りは自信を持って登っていた。大迫さんが後ろを振り返ったので、もしかしたらチャンスがあると思っていた。順位が入れ替わったところは覚えていない。気づいたらゴール。無我夢中で走った」

 残り300メートルで逆転。大迫とわずか5秒差の2位で、沿道に52万5000人もの観衆が集まった42.195キロを駆け抜けた。夏マラソン、気象条件の厳しいレースは初めて。スタートから設楽悠太(Honda)が大逃げを試みた。「戸惑いもありましたが、冷静に走れたと思う。他の選手が行けば、自分も行かなければいけないと思っていた。ただ、誰も行かず集団にいた方が力を使わないで済むと思った」。冷静に乗り切り、五輪を決めた。

 箱根で輝いた元エースは、“専門外”の山で鍛え直した。東洋大2年時に30キロの学生記録(1時間28分52秒)を打ち立て、箱根駅伝では各校のエースが集う「花の2区」で2年連続区間賞。同年代を牽引してきた。しかし、MGCに向けたトレーニングは、慣れ親しんだ2区よりもダメージのある5区並みの山登りを何度も走破。苦手と向き合った。

 平地と上りで使う筋肉を変え、上りは足の後ろ側の筋肉で地面を蹴るように改善した。この日、大迫を捉え、抜き去ったのは上り坂。重心の位置を意識し、力を残す走法が大一番でフル回転した。

「山対策としては菅平まで登ったり、箱根(駅伝)並みの登りをやっていた。40キロ走の次の日にもやっていた。(場所は)2区ではなく5区です。40キロ走の次の日に嫌なことをやり続けて、終盤を克服した。最後に諦めない気持ちに繋がったと思う」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集