[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

渡邊雄太、“魂の34得点”のそばで…「自信を失った夏」から他の選手は何を得たのか

前回大会出場の竹内譲次「皆さんの期待と世界の壁に乖離」

 今大会メンバーの12人で、前回出場した2006年大会を経験するのは竹内譲次と公輔の双子だけ。ファジーカス・ニックと並ぶ34歳となり、世界の壁を知らされた譲次は、8日に開いた選手ミーティングの一端を含めて語った。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

「最後はいい形で結果を出したかったが、自分たちの期待、皆さんの期待と、世界の壁の高さに乖離があった。ニュージーランド戦をああいう形で終わって、今日はチームとしていいバスケットを作れた時間もあったけど、最後はモンテネグロとの力の差があったのかなと。

(選手ミーティングは)自信を持とうと。ニュージーランドにああいう負け方をしたけど、日本(の強化試合)では勝っている。俺たちの能力じゃないと。負けが続いていると自信が持てなくなってくる。八村、篠山が抜けた中で、ネガティブな要因が大きかったけど、それでも自信を持とうと。アジア予選で8連勝してきたのはここにいるメンバーだと。もう一度話し合って、もう一度何ができるかコートで出そうと。勝てなかったので、悔しさはもちろんありますが」

 比江島慎は八村、渡邊が台頭する以前から日本の攻撃を引っ張ってきた得点源。小さい頃からスピードで劣ることを自覚し、独特のリズムによるステップを磨いてきた。この日も勇気を持ってアタックを仕掛けたが、強烈なブロックに阻まれた。7月は米国でサマーリーグに挑戦。この2か月間、世界を味わう日々だった。

「戸惑ってしまったのも事実ですし、改めてレベルの高さを感じた。(どういう夏?)自信を失った夏ですかね。またオリンピックへ向けて頑張ろうと、このままじゃダメ。下にもいい選手もいるし、自分が選ばれるかもわからないし、ハングリーさとかは得るものがあった。日本ではトップの方ではあるかもしれないけど、代表でやるためにはもっともっとやらなきゃいけない。今のままじゃダメだと気付かされた。それが唯一の収穫」

 10日に帰国し、今後は所属チームでの新たな戦いが始まる。次に代表のユニホームにそでを通すのは、来年2月のアジアカップ。来年の東京五輪まで多くの時間が残されているとはいえない。13年ぶりに味わったW杯5試合で何を得たのか。それぞれが肝に銘じて過ごす日々が始まる。

(THE ANSWER編集部・浜田 洋平 / Yohei Hamada)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

1 2 3
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集