[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

またジュニアの新星登場 15歳佐藤駿が完璧3Aで首位、米メディア称賛「素晴らしい」

フィギュアスケート、ジュニアのグランプリ(GP)シリーズ第2戦米国大会が29日(日本時間30日)開幕。男子ショートプログラム(SP)では佐藤駿(埼玉栄)が79.19点で首位に立った。15歳の佐藤はジュニアGPデビュー戦で圧巻の演技。冒頭ではトリプルアクセルを成功させるなど、質の高いジャンプを連発しノーミスだった。米メディアでは「素晴らしいスケーティング」と拍手を送っている。

79.19点で首位に立った佐藤駿【写真:Getty Images】
79.19点で首位に立った佐藤駿【写真:Getty Images】

ジュニアGPシリーズ第2戦、米国大会は佐藤がゴゴレフを抑えて首位発進

 フィギュアスケート、ジュニアのグランプリ(GP)シリーズ第2戦米国大会が29日(日本時間30日)開幕。男子ショートプログラム(SP)では佐藤駿(埼玉栄)が79.19点で首位に立った。15歳の佐藤はジュニアGPデビュー戦で圧巻の演技。冒頭ではトリプルアクセルを成功させるなど、質の高いジャンプを連発しノーミスだった。米メディアでは「素晴らしいスケーティング」と拍手を送っている。

【特集】オリンピックに繋がる大会に おりひめジャパンが目指す世界選手権とその先 / 女子ハンドボール日本代表インタビュー(GROWINGへ)

 15歳が堂々と銀盤を舞った。これがジュニアGPデビュー戦とは思えない演技だ。冒頭のトリプルアクセルは美しく決め、GOE(出来栄え点)は破格の「2.51点」。続くルッツ、トウループの連続3回転、後半の3回転ループとすべてのジャンプで加点を獲得。白と黒のモノトーンの衣装で、美しく魅了した。

 80点に迫る、高得点での首位発進に米誌「IFSマガジン」も公式ツイッターで結果を伝えつつ、さらに「今日のJGPフィギュアの男子ショートで素晴らしいスケーティング。日本のシュン・サトウが0.34ポイント差でカナダのステファン・ゴゴレフを下す」と拍手を送っている。

 2位のステファン・ゴゴレフ(カナダ)との差はわずか0.34点。し烈なデッドヒートを制し、ジュニアGPデビューVを飾れるか。ジュニアGP第1戦で優勝した鍵山優真に続けるか、期待したい。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集