[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 山中慎介、「涙の陥落」の衝撃は世界に拡大「日本ボクシング史への挑戦終わった」

山中慎介、「涙の陥落」の衝撃は世界に拡大「日本ボクシング史への挑戦終わった」

WBC世界バンタム級タイトルマッチ12回戦(島津アリーナ京都)は15日、同級王者・山中慎介(帝拳)が同級1位ルイス・ネリ(メキシコ)に4回2分29秒TKO負けを喫し、日本タイ記録となる13度目のタイトル防衛に失敗した。元WBA世界ライトフライ級王者・具志堅用高に並ぶV13はならず、衝撃は世界に広がっている。海外メディアが続々と速報している。

ネリに4回TKO負け、まさかの敗戦を各国メディアが報道「ヤマナカは涙でリングを去った」

 WBC世界バンタム級タイトルマッチ12回戦(島津アリーナ京都)は15日、同級王者・山中慎介(帝拳)が同級1位ルイス・ネリ(メキシコ)に4回2分29秒TKO負けを喫し、日本タイ記録となる13度目のタイトル防衛に失敗した。元WBA世界ライトフライ級王者・具志堅用高に並ぶV13はならず、衝撃は世界に広がっている。海外メディアが続々と速報している。

「山中、陥落」――。日本のファンにとっては信じがたいニュースは、世界も反応を見せている。

 英衛星放送局「スカイ・スポーツ」は「ネリに敗れ、バンタム級のタイトルを失う」と見出しを打って報道した。

「ヤマナカのこれまでの戦績は27勝0敗2敗、12度防衛を成功していた。メキシコのネリーは故郷を出て、試合をするのは初めてだった。新王者は24戦無敗である」と両者の戦歴を紹介した。

 さらに、よもやのTKO負けを喫した山中について「ヤマナカは、涙を流しながらリングを去り、観衆の中、同胞へお辞儀をした」と涙の陥落を紹介している。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー