[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

圧勝セリーナと完敗シャラポワ、明暗の元女王対決に海外辛辣「ライバル関係じゃない」

テニスの全米オープンは26日、女子シングルス1回戦で世界ランク8位のセリーナ・ウィリアムズ(米国)がマリア・シャラポワ(ロシア)を6-1、6-1で圧倒。1回戦大注目となった新旧女王対決を制したが、大会が結果を速報すると、海外ファンは「彼女はセリーナにとって物足りない」「さよなら、シャラポワ」「ライバル関係じゃない」と思い思いに声を上げている。

セリーナ・ウィリアムズがマリア・シャラポワを下す【写真:Getty Images】
セリーナ・ウィリアムズがマリア・シャラポワを下す【写真:Getty Images】

1回戦大注目のカードは59分決着、大会公式は「支配的」とセリーナ称賛

 テニスの全米オープンは26日、女子シングルス1回戦で世界ランク8位のセリーナ・ウィリアムズ(米国)がマリア・シャラポワ(ロシア)を6-1、6-1で圧倒。1回戦大注目となった新旧女王対決を制したが、大会が結果を速報すると、海外ファンは「彼女はセリーナにとって物足りない」「さよなら、シャラポワ」「ライバル関係じゃない」と思い思いに声を上げている。

【特集】オリンピックに繋がる大会に おりひめジャパンが目指す世界選手権とその先 / 女子ハンドボール日本代表インタビュー(GROWINGへ)

 1回戦で最も注目を浴びた歴代女王対決。たった59分の試合で笑ったのは、セリーナだった。シャラポワにブレークを1度も許すことなく、圧倒。通算対戦成績は20勝2敗となり、衰えぬ37歳の強さが際立った。大会公式インスタグラムは「支配的。セリーナ・ウィリアムズが6-1、6-1で勝利、2回戦へ進出」と速報した。

 ともに選手として一時代を築きながら、セリーナは昨年大会の決勝・大坂なおみ(日清食品)をはじめとした物議を醸す振る舞い、シャラポワはドーピング違反による出場停止処分で、ともにテニス界を騒がせた時代もあったが、今回の結果を巡ってはセリーナに対する称賛が相次ぎ、シャラポワに対しては厳しい声が上がっている。

「もしセリーナが今夜のようなプレーを続ければ、決勝は間違いない!」
「20勝2敗のライバル関係」
「またもやセリーナがマリアを下した」
「彼女はセリーナにとって物足りない」
「さよなら、シャラポワ」
「彼らはこれをライバル関係と呼ぶ……」
「ライバル関係じゃない」
「なぜマリアが大会にいるのか理解できない」
「楽勝! 史上最高」
「彼女じゃセリーナにとって物足りない」

 コメント欄でこのように思い思いに声を上げていた。セリーナにとっては母国でグランドスラム24度目の優勝を目指す大舞台。しかも、昨年は決勝で涙をのんでいる。歴代女王対決で絶好のスタートを切ったレジェンドは頂点だけを見据え、目の前の敵を一人一人倒していく。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集