[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

連覇目指す松本&永原が準決勝へ、同門対決はまさかの結果… 米元の負傷棄権で幕

準決勝に進んだ永原「明日の試合に勝たないと意味がない」

 2016年リオデジャネイロ五輪金メダルの高橋礼華、松友美佐紀(日本ユニシス)、世界選手権で2年連続準優勝の福島由紀、廣田彩花(アメリカンベイプ)らと最大2組が出場できる2020年東京五輪の出場権争いの3強に食い込んだ松本、永原に対し、今度は米元、田中が追いかける展開となって迎えた世界選手権での対戦。五輪レースの行方を左右する可能性があり、米元、田中にとっては、3強争いを4強の争いにするチャンスだった。

【特集】「美しくなければならない」バレーボール女子代表“火の鳥NIPPON”の挑戦 / バレーボール女子日本代表(GROWINGへ)

 田中は「悪くない展開だったけど、最後まで戦い切れずに悔しい。(米元の負傷状況は)左足というくらいしか分からない。(昨年に続いて)もう1回、準決勝で勝負したい気持ちはあったけど、ケガをしてしまったら仕方がない」と無念の思いを明かした。最も気がかりなのは、負傷の状況だ。追いかける立場の米元、田中にとって、長期離脱はダメージが大き過ぎる。軽傷であることを祈るばかりだ。

 準決勝に進んだ永原は「今日の結果は、満足できない。明日の試合を勝たないと意味がない」とつかんだチャンスを逃さぬ覚悟を語った。翌24日の準決勝では、前回大会の準決勝で破ったグレイシア・ポリー、アプリヤニ・ラハユ(インドネシア)と対戦する。松本は「前回の対戦で負けているし、相手はレシーブが堅くて、自分たちのアタックも通用しない。少しでもバリエーションを増やして、あとは我慢勝負」とタフに勝ち切る決意を示した。

(平野 貴也 / Takaya Hirano)

「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集