[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

楢崎兄弟の仁義なき五輪争い 兄・智亜は緊張の弟に助言「兄弟で戦えるのは嬉しい」

弟・明智は兄の助言に感謝「トモ君がいなかったら…」

 身長187センチの長身を武器とする明智は、総合7位で決勝に生き残った。スピードは1回目から6秒526と好タイムを出す兄に対し、明智は中盤でかみ合わず7秒774。太ももを叩いて悔しさをあらわにした。2回目は6秒776でガッツポーズ。兄と健闘を称え合い、8位につけた。

【特集】“没頭力”が唯一無二の武器 競技歴6年、世界一の裏にある「飽きない」力 / スケートボード・四十住さくらインタビュー(GROWINGへ)

「スピードの2本目は本当に緊張していた。隣でトモ君(智亜)が登っていたので、『絶対に追いついてやる』という気持ちだった。そこで自己ベストを出していい流れに乗れた」

 ボルダリングは第1課題で最終ホールドに2度手を掛けたが、完登には至らず。第2課題は2トライしてともに落下し、腕を組んで壁を見つめた。熟考して臨んだ3トライ目に長い手足を駆使してクリア。4課題中3つを完登して雄叫びを上げ、ボルダリングは5位で終えた。最後のリードは最終盤で落下し10位となった。

「正直、めちゃくちゃ嬉しいです。2人で決勝に行くには僕次第だった。今回はトモ君がいなかったらメンタル的にやられていた。スピードの2本目の前はトモ君に『いつも通りだよ。大丈夫だから』と言ってもらえた。ボルダリングの前も『リラックスした方がいい』と」

 兄弟での出場を目指す東京五輪。智亜は「明智は緊張していた。決勝で戦いたかったので残ってくれてよかった。兄弟で戦えることは嬉しい」と歓迎し、明智は「僕は作戦とか考えるほど強くない。一種目ずつ全力で行くしかない」と活躍を誓った。

 スピードはホールドの位置が統一され、高さ15メートルの壁を登ってタイムの速さを競う。ボルダリングは複数のコースを完登できた数で争う。リードはロープを使用し、12メートル以上の壁を競技時間内により高く登った選手の勝利となる。

 世界選手権で代表内定しなかった選手は、11月の五輪予選(フランス)、来年4月のアジア選手権で選考。有資格者が2人未満、または3人以上の場合は同5月の複合ジャパンカップで決まる。

(THE ANSWER編集部・浜田 洋平 / Yohei Hamada)

ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集