[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

会社員クライマー・藤井快、4位で決勝へ 代表最年長26歳の武器「人生経験は豊富」

東京五輪新種目のスポーツクライミング世界選手権(東京・エスフォルタアリーナ八王子)は19日、スピード、ボルダリング、リードの3種目を合わせた複合の男子予選が行われた。五輪代表は男女各2枠ずつあり、今大会7位以内の日本人最上位者が内定。各種目の順位を掛け算し、値の小さい選手が上位となる。20人で行われたこの日の予選は、日本勢5人中4人が8選手で争われる21日の決勝に進出した。

総合4位で予選を通過した藤井快【写真:荒川祐史】
総合4位で予選を通過した藤井快【写真:荒川祐史】

今大会7位以内の日本人最上位者が東京五輪代表に内定

 東京五輪新種目のスポーツクライミング世界選手権(東京・エスフォルタアリーナ八王子)は19日、スピード、ボルダリング、リードの3種目を合わせた複合の男子予選が行われた。五輪代表は男女各2枠ずつあり、今大会7位以内の日本人最上位者が内定。各種目の順位を掛け算し、値の小さい選手が上位となる。20人で行われたこの日の予選は、日本勢5人中4人が8選手で争われる21日の決勝に進出した。

【特集】オリンピックに繋がる大会に おりひめジャパンが目指す世界選手権とその先 / 女子ハンドボール日本代表インタビュー(GROWINGへ)

 2016年からボルダリング・ジャパンカップで3連覇した藤井快(こころ・TEAM au)は、総合4位で予選を通過した。最初のスピードは1回目に6秒774、2回目に6秒531を記録して5位。得意のボルダリングは、第4課題で何度トライしてもクリアできず「あー、もう!!」と悔しさを爆発させた。

 4課題中2つを完登して7位とすると、最後のリードでは終盤で落下して5位となったが、観客の声援に笑顔で手を振った。若手中心の日本代表ではベテランの領域にいる26歳。経験値に裏付けされた安定感抜群の登りを見せた。

「相当、ホッとしたという感じですね。昨日の夜は凄く緊張していた。ここまで来てミスを重ねるよりは、ポジティブに行ったほうがいいかなと思って、いつも通りを心がけた。この状況を楽しめるように気持ちを持っていけるように集中した」

 中京大卒業後は、都内のクライミングジム「B-PUMP」のスタッフとして勤務しながら競技を続ける会社員クライマー。多忙を極める中で時間の使い方を工夫して、レベルアップに励んできた。21日の決勝に向け「去年との大きな違いは、一日半空くことで疲れが抜けること。体はみんなフレッシュになれる。深く考えずに自分にできることをしっかりこなしていく。そうやって自分の実力を発揮できれば、日本人最上位が獲れると思う」と五輪切符を見据えた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集