[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥に勝てる! ドネアが自信満々に「勝利を予見」する3つの根拠とは

ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級決勝でWBA&IBF王者・井上尚弥(大橋)と対決する5階級制覇王者ノニト・ドネア(フィリピン)。「我々は予見しているのは勝利」とモンスター撃破に絶大な自信を示し、その根拠にパワー、体格、経験の三要素を挙げている。フィリピン地元紙「マニラ・タイムズ」が報じている。

井上尚弥(左)とノニト・ドネア【写真:Getty Images】
井上尚弥(左)とノニト・ドネア【写真:Getty Images】

11月7日に激突、決戦へ早くも自信「私のパワーは格段に向上している」

 ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級決勝でWBA&IBF王者・井上尚弥(大橋)と対決する5階級制覇王者ノニト・ドネア(フィリピン)。「我々は予見しているのは勝利」とモンスター撃破に絶大な自信を示し、その根拠にパワー、体格、経験の3要素を挙げている。フィリピン地元紙「マニラ・タイムズ」が報じている。

【特集】「美しくなければならない」バレーボール女子代表“火の鳥NIPPON”の挑戦 / バレーボール女子日本代表(GROWINGへ)

 11月7日、さいたまスーパーアリーナで行われるバンタム級頂上決戦で10歳年下の無敗王者井上と対峙するドネア。下馬評ではモンスター有利にも関わらず、圧倒的な自信を示していた。

「この戦いに関してはとても自信があるんだ。自分のパワー、体格、経験というものを実感している。この戦いに際して、極めて強力なノニト・ドネアを目の当たりにすることになるだろう。そして、このファイトで我々が予見しているものは、勝利だ」

 ドネアはこう語ったという。身長168センチでリーチは173センチという体格を持つ“フィリピンの閃光”はWBSS開幕直前まで2階級上のフェザー級を舞台に戦っていた。パワー、体格、そして、プロ45戦という経験値という3つの要素に自信を示していた。

「私のパワーは格段に向上している。練習の成果でスピードも上がっている。メンタル面、トレーニング、減量もそうだ。最強でいるためには正しいメンタリティを持っていなければいけない」

 36歳にして進化していると自負するドネア。バンタム級のフレームならば、いまだそのパワーは脅威となるのは間違いない。心技体ともに充実し、モンスターに襲いかかるつもりだ。

(THE ANSWER編集部)

プロ野球徹底ライブ中継&見逃し配信

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集