[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

松山、メジャー初制覇へ「V率100%」の吉兆データ 米誌「ヒデキは加われるか?」

海外男子ゴルフの全米プロゴルフ選手権(クウェイルホローC)第2日は11日(日本時間12日)、15位タイから出た松山英樹(レクサス)が7バーディー、ノーボギーと圧巻の「64」で通算8アンダー。ケビン・キスナー(米国)と並び、暫定首位に立った。メジャー初Vへ大前進した日本のエースを“V確率100%”の吉兆データも後押ししている。

圧巻チャージで暫定首位浮上…ノーボギーの「64」以下は2000年以降、2選手ともに優勝

 海外男子ゴルフの全米プロゴルフ選手権(クウェイルホローC)第2日は11日(日本時間12日)、15位タイから出た松山英樹(レクサス)が7バーディー、ノーボギーと圧巻の「64」で通算8アンダー。ケビン・キスナー(米国)と並び、暫定首位に立った。メジャー初Vへ大前進した日本のエースを“V確率100%”の吉兆データも後押ししている。

 ついに日本人メジャー初の制覇の時が訪れるかもしれない。

 松山は5番パー4でこの日初バーディーを奪うと、7番パー5でもバーディー。前半を2つ伸ばし、順調な滑り出しを見せた。圧巻だったのは、後半だ。12番パー4から怒涛の4連続バーディー。15番途中には雷雲の接近により、約2時間も中断したが、再開後にバーディーを奪う集中力を発揮した。

 7バーディー、ノーボギーで「64」をマーク。PGAは原動力となった圧巻の4連続バーディーを公式Youtubeチャンネルで動画で紹介するなど、驚異のチャージで一躍、暫定首位に浮上したが、データも後押しするという。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集