[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥最強論に待った!? ドネアに負傷敗戦の元王者が持論「自分とは戦ってない」

ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級決勝は11月7日にさいたまスーパーアリーナでの開催が正式決定した。WBA&IBF王者・井上尚弥(大橋)は5階級制覇王者ノニト・ドネア(フィリピン)と頂点を争う。

井上尚弥【写真:Getty Images】
井上尚弥【写真:Getty Images】

ドネア戦で途中棄権、虎視眈々と返り咲きを狙うバーネットの主張は?

 ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級決勝は11月7日にさいたまスーパーアリーナでの開催が正式決定した。WBA&IBF王者・井上尚弥(大橋)は5階級制覇王者ノニト・ドネア(フィリピン)と頂点を争う。昨年のWBSS初戦のドネア戦で腰を痛めて途中棄権した元WBAスーパー王者のライアン・バーネット(英国)は「自分なら倒せる。イノウエの弱点をさらけ出せるものを持っている」と豪語している。英ボクシング専門メディア「iFL TV」が報じている。

【PR】「本当に助かりますね」と感謝 高木美帆選手も選んだスポーツブラ「CW-X」をもっと詳しく知るならこちら

 WBSSバンタム級大会で優勝候補の一角として第1シードでの参戦となったバーネット。昨年11月3日の初戦ドネア戦では勝利の本命と目されながらも、試合中に腰痛を発症。4回終了時点で不運なTKO負けを喫していた。

 5月17日に1階級上のWBCインター・スーパーバンタム級タイトルマッチで復帰戦を飾った元スーパー王者。決勝に対してはこう話しているという。

「(WBSS決勝は)118ポンド(約53.5キロ=バンタム級のリミット)のキングと言うことができるが、自分とは戦っていない。自分が怪我をしてしまったからね。ドネアを倒せたことは間違いない。確実だ。自分がファイナルにたどり着いただろう。優勝できた自信もある。自分は現状を受け入れるしかない。決勝がどうなるか見てみたい」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
プレミアリーグ8月10日開幕 DAZN独占配信
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集