[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥との決勝、埼玉開催はドネアにとっても朗報? 米メディアが指摘する理由とは

ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級決勝でWBA&IBF王者・井上尚弥(大橋)は5階級制覇王者ノニト・ドネア(フィリピン)と激突するが、決戦の舞台が11月7日、さいたまスーパーアリーナに決定したと、米メディアが報道。記事ではドネアにとっては朗報であり、悲報でもあると伝えているが、その理由は――。

ノニト・ドネア、井上尚弥【写真:Getty Images】
ノニト・ドネア、井上尚弥【写真:Getty Images】

11月7日のさいたま開催が有力に、米メディアがその理由を推測

 ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級決勝でWBA&IBF王者・井上尚弥(大橋)は5階級制覇王者ノニト・ドネア(フィリピン)と激突するが、決戦の舞台が11月7日、さいたまスーパーアリーナになると米メディアが報道。記事ではドネアにとっては朗報であり、悲報でもあると伝えているが、その理由は――。

【特集】日本のエースはなぜ畳に上がるのか 「勝ち続けることで違う境地に」 / 男子柔道・大野将平インタビュー(GROWINGへ)

 米報道によると、バンタム級の頂上決戦は「11.7」。平日の木曜日にさいたまスーパーアリーナでの開催が有力になった。米専門メディア「ボクシングニュース24」が伝えているが、記事では「ドネアがイノウエにホームのアドバンテージを許した理由は簡単だ」と伝え、さいたま開催の理由を推測している。

「イノウエは日本で超有名なスターだ。彼の戦いには莫大な観客が押し寄せる。それに対して、ドネアはアメリカで比較的有名な存在ではあるが、ビッグスターというわけではない」

 記事では井上の日本における人気を紹介。また、会場となるさいたまスーパーアリーナは3万7000席が設置されていることにも触れ、「11月7日の夜は満員となる可能性すらある。これは、ドネアにとっては朗報であるということだ」と超満員の中での試合を予告している。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集