[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

打倒・井上尚弥に自信 ドネア陣営が“先制口撃”「バンタムで彼を倒せる者はいない」

ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級決勝でWBA&IBF王者・井上尚弥(大橋)と対戦する5階級制覇王者ノニト・ドネア(フィリピン)。11月に日本での開催が浮上していることが伝えられている大一番へ向けて、陣営は「バンタム級で彼を倒せる者はいない」と発言。早くも水面下での攻防が繰り広げられている様子を、フィリピン地元紙が伝えている。

井上尚弥(左)とノニト・ドネア【写真:Getty Images】
井上尚弥(左)とノニト・ドネア【写真:Getty Images】

ドネアのプロモーター・シェーファー氏は自信満々

 ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級決勝でWBA&IBF王者・井上尚弥(大橋)と対戦する5階級制覇王者ノニト・ドネア(フィリピン)。11月に日本での開催が浮上していることが伝えられている大一番へ向けて、陣営は「バンタム級で彼を倒せる者はいない」と発言。早くも水面下での攻防が繰り広げられている様子を、フィリピン地元紙が伝えている。

【特集】「あとはここの波を究めるだけ」全てを知り尽くした海で狙うメダルへの道 / サーフィン 大原洋人選手(GROWINGへ)

 WBSSバンタム級決勝への動向を伝えているのは、フィリピン地元紙「フィリピン・スター」だ。記事では井上のたどってきたキャリアを改めて紹介。ここ3試合はわずか4ラウンドで王者経験者3人を計441秒で沈めていること。さらにキャリアの中で、3人のフィリピン人を下していることを伝えている。

 一方でドネアは井上のキャリア(18戦)を大きく上回る45戦を誇り、うち26のKOを記録。その中でバンタム級では5戦5勝、うち4試合でKO勝ちしていることに触れている。

 同紙はドネアのプロモーターを務めるリチャード・シェーファー氏のコメントを紹介。「バンタム級において、ノニトは本物のモンスターだと思う」「118ポンド(約53.5キロ=バンタム級リミット)で彼を倒せる者はいない。どの選手にとっても、彼は主導権を握るには強すぎる」と話しており、シェーファー氏はドネアに全幅の信頼を寄せているようだ。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
プレミアリーグ8月10日開幕 DAZN独占配信
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集