[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 敵軍の選手に“すねキック” レッズを愛する5歳の少年ファンが話題「キュート」

敵軍の選手に“すねキック” レッズを愛する5歳の少年ファンが話題「キュート」

野球ファンにとってボールパークは特別な場所である。観戦に訪れた時には、応援するチームに普段以上に勝ってもらいたいもの。そんな中、5歳の少年が球団のために見せた“特別な行動”が話題になっている。MLB公式サイトの動画コーナー「Cut4」が報じ、微笑ましい光景を紹介している。

レッズ好きでハミルトンファンのレオくんが、敵チームのゴードンにキックをお見舞い

 野球ファンにとってボールパークは特別な場所である。観戦に訪れた時には、応援するチームに普段以上に勝ってもらいたいもの。そんな中、5歳の少年が球団のために見せた“特別な行動”が話題になっている。MLB公式サイトの動画コーナー「Cut4」が報じ、微笑ましい光景を紹介している。

 舞台は23日(日本時間24日)のMLBマイアミ・マーリンズ対シンシナティ・レッズが行われたグレート・アメリカン・ボールパーク、レッズファンである5歳のレオ・シュナイダーくんは試合前にグラウンドに立つ機会に恵まれた。

 レッズの帽子をかぶり、審判とともにマーリンズの1番打者ディー・ゴードンに接近するレオくん。すると次の瞬間、ネクストバッターズ付近で屈んでいたゴードンの右すねにコツンとキックを見舞った。思わぬ一撃に2014、15年の盗塁王はすねを押さえて痛がったが、「Cut4」によると、全ては「予定通り」の出来事だったようだ。

 「CUT4」は、レオくんの母親エイミーさんがMLB公式サイトの電話取材に対し、レオくんを呼び寄せたのはゴードン自身で、同行した審判に促されるままにキックした真相を明かしたと紹介している。レオくんは決して自ら人を蹴るような子供ではなく、普段はレッズの俊足外野手ビリー・ハミルトンを応援するごく普通のファンだという。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー