[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • ジョコビッチ、全米OPは「99%欠場」と報道 主治医「6~12週間の休養必須」

ジョコビッチ、全米OPは「99%欠場」と報道 主治医「6~12週間の休養必須」

男子テニス界は今年、ロジャー・フェデラー(スイス)とラファエル・ナダル(スペイン)という2大レジェンドの復活に沸いている一方、近年、絶対王者として君臨してきたノバク・ジョコビッチ(セルビア)が苦しんでいる。かねてから痛めていた右肘について、主治医は「6~12週間の休養が必須」と診察され、スペイン紙「AS」は「全米オープンを“99%”欠場するだろう」としている。

苦しむ絶対王者、8月の全米オープン参戦は厳しい見通しに…激闘で右肘に代償

 男子テニス界は今年、ロジャー・フェデラー(スイス)とラファエル・ナダル(スペイン)という2大レジェンドの復活に沸いている一方、近年、絶対王者として君臨してきたノバク・ジョコビッチ(セルビア)が苦しんでいる。かねてから痛めていた右肘について、主治医は「6~12週間の休養が必須」と診察され、スペイン紙「AS」は「全米オープンを“99%”欠場するだろう」としている。

 セルビアの英雄を、全米オープンで拝むことはできないのだろうか。

 グランドスラム通算12勝を誇るジョコビッチだが、今年のツアー優勝はウィンブルドン前のエイゴン選手権など2勝。ウィンブルドンは準々決勝トマーシュ・ベルディハ(チェコ)戦で途中棄権するなど、肘の痛みは“爆弾”となりつつある。

 その状況を明かしたのは、デビス杯でセルビアの専属ドクターを務めるズデンコ・ミリコビッチ氏だ。

 地元メディアの取材に「ノール(ジョコビッチの愛称)は6~12週間、休む必要がある」と切り出した同氏。8月の全米オープンに参戦する可能性は限りなく厳しくなった。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー