[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

再生210万超! 史上初野手セーブの“85キロ超魔球”に米衝撃「残り試合守護神やれ」

米大リーグで歴史的セーブが記録された。延長16回、6時間超えの死闘で外野手が登板し、史上初めて野手がセーブをマーク。しかも、最遅53マイル(約85.3キロ)の超遅球で打者3人で完璧に封じた。実際のシーンを米メディアが動画付きで公開すると再生回数は210万回を突破。「これは本当に凄い」「強烈」「残りシーズン、クローザーやるべき」と米ファンも度肝を抜かれている。

歴史的なセーブを挙げたスティーブ・ウィルカーソン【写真:Getty Images】
歴史的なセーブを挙げたスティーブ・ウィルカーソン【写真:Getty Images】

オ軍中堅手ウィルカーソンが珍記録で話題、1球も60マイル届かず14球で1回完全

 米大リーグで歴史的セーブが記録された。延長16回、6時間超えの死闘で外野手が登板し、史上初めて野手がセーブをマーク。しかも、最遅53マイル(約85.3キロ)の超遅球で打者3人で完璧に封じた。実際のシーンを米メディアが動画付きで公開すると再生回数は210万回を突破。「これは本当に凄い」「強烈」「残りシーズン、クローザーやるべき」と米ファンも度肝を抜かれている。

【PR】「本当に助かりますね」と感謝 高木美帆選手も選んだスポーツブラ「CW-X」をもっと詳しく知るならこちら

 18.44メートルの間に緩やかな弧が描かれた。歴史的セーブをマークしたのは、オリオールズのスティーブ・ウィルカーソン外野手だ。25日(日本時間26日)のエンゼルス戦は延長にもつれ込む死闘。16回にようやく勝ち越すと、すでに9投手を起用していたオリオールズがマウンドに送ったのは、中堅を守っていたウィルカーソンだった。

 異様な空気の中、初球に投じたのは54.4マイル(約87.5キロ)。MLB公式サイトがチェンジアップと表示した超遅球を次々と投じ、思いのほか、コントロール良くストライクを稼ぐ。カウント2-2から打者が捉えに行くもタイミングを外されてファウルに。直後に中飛に打ち取ると、続く打者も遊ゴロ、中飛と14球で抑え、なんと1イニングパーフェクトで抑えてしまったのだ。

 セーブが正式な記録になった1969年以降、大リーグで野手がセーブを挙げたのは初めてという。53マイル~56マイル(約90.1キロ)まで歴史的快挙を演出した“魔球”を米スポーツ専門局は「スティーブ・ウィルカーソンが野手として史上初のセーブを記録。全14球のうち60マイル(約96.6キロ)より速い球は一つもなかった」と題し、動画付きで公開した。

「あのスクリューボールはえぐい」
「ドジャースは、この男と契約すべき」
「これは本当に凄い」
「強烈」
「残りのシーズン、彼がクローザーをやるべき」
「これはクレイジー」
「ウェイド・デービス、チャップマンよりいいね」
「オリオールズの投手陣の誰よりもいいピッチング」

 コメント欄では大盛り上がりとなり、再生回数は210万超え。目の当たりにした米ファンも感嘆の声を漏らすしかなかった。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
プレミアリーグ8月10日開幕 DAZN独占配信
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集