[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

問われるVARの在り方 仏がPK蹴り直しで決勝点も…海外物議「議論の余地がある」

元米国代表GKのホープ・ソロ氏は「すべての選手に注視しなければいけない」

 まず画像を公開している、ゴメス氏は「フランスの選手たちは、ナイジェリアのGKがラインから出ていた以上に、ペナルティーエリアに侵入している」と客観的な目線で指摘。

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 11月6日オープン、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」とは

 米誌「スポーツ・イラストレイテッド」のグラント・ウォール記者も「もしも、ナイジェリアがこの判断でグループリーグ敗退になっていたら、自分はおかしくなってしまうと思う」。元米国代表GKのホープ・ソロ氏も「私たちはこの状況ではすべての選手に注視しなければいけない。GKだけではなくね!」と不公平ぶりを訴えている。

 元選手のモニカ・ゴンサレス氏(米国)も「PKを再び与えるんじゃなくて、ゴールを与えるようにし始めてもいいかもね」と皮肉をつづってりいるが、同じく元サッカー選手カリーナ・ルブラン氏(カナダ)も「VARは、このW杯を、私が今まで観てきた中で最高のドラマいっぱいの映画やショーにしている」とVAR自体には一定の評価を下している。

 またNBCのカイル・ボン記者は「このプレーに対して、男子の試合では絶対に笛は吹かれない。最近男子の試合では、GKに対する多少の自由が許容されるルールの修正がなされた。なぜ急に女子の試合でこれが起きてしまうんだ? これは不条理なルールで、直ちに変更する必要がある。ゲームを壊している」と、そもそも男子では形骸しているルールだと指摘。女子であるがゆえに起きた事態だとみている。

 VARはその名の通り、あくまでレフェリーの判定を助けるもので絶対的なものではない。人の目で見て判断するもので、適用される状況も限定されている。有用な場合も多いが、このシーンのように不公平感が出てしまうと、その意義にも疑問符がでてくる。

 この1点で敗れたナイジェリア。グループ3位で決勝トーナメント進出の可能性は残しているとは状況は厳しくなった。昨年の男子のW杯(ロシア)でも様々なドラマを生んだVAR。今回は後味の悪さが残った。

(THE ANSWER編集部)

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集