[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥は「PFP最強パンチャー」 リング誌編集長も断定「ロマチェンコができる?」

ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級決勝進出を決めたWBA&IBF王者・井上尚弥(大橋)。“ボクシングの聖書”と呼ばれる米専門誌「リング」のダグ・フィッシャー編集長は討論番組「ザ・リング・レポート」で「パウンド・フォー・パウンド(PFP)最強のパンチャー」と絶賛。過去3試合で世界王者3人を計441秒でKOしている圧倒的な強さを「ロマチェンコもクロフォードもできるというのか?」とPFP二大巨頭を凌ぐほどと評価している。

井上尚弥【写真:Getty Images】
井上尚弥【写真:Getty Images】

リング誌の討論番組でフィッシャー編集長が持論展開

 ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級決勝進出を決めたWBA&IBF王者・井上尚弥(大橋)。“ボクシングの聖書”と呼ばれる米専門誌「リング」のダグ・フィッシャー編集長は討論番組「ザ・リング・レポート」で「パウンド・フォー・パウンド(PFP)最強のパンチャー」と絶賛。過去3試合で世界王者3人を計441秒でKOしている圧倒的な強さを「ロマチェンコもクロフォードもできるというのか?」とPFP二大巨頭を凌ぐほどと評価している。

【特集】「美しくなければならない」バレーボール女子代表“火の鳥NIPPON”の挑戦 / バレーボール女子日本代表(GROWINGへ)

 リング誌がスタートさせた「ザ・リング・レポート」最新版では、フィッシャー編集長、ボクシングの実況を務める司会者のベト・デュラン氏、格闘専門メディア「ファイトハブTV」の創始者マルコ・ビレガス氏という、ボクシング界の識者が熱いトークを展開。番組のテーマの1つがモンスター最強説だった。

「彼を(PFP)1位に推す人間もいる。個人的に見てみたいところは、彼らしいボクシングを続けることだ。なぜなら、ロマチェンコ、クロフォードも自分たちのボクシングを続けている。特にクロフォードは長期間に渡ってね。この男が自分のボクシングを続けることができるか。この男はノリにノッているが、この男の躍進は過去2年半だろう」

 ビレガス氏はこう語り、井上のPFP1位について時期尚早という「慎重派」のスタンスを貫いた。だが、フィッシャー編集長の見解は違ったようだ。

「しかし、マルコス。この2年半に間に、彼は一度もKOされていない元王者、現王者をとんでもない目に遭わせているんだぞ。1回か2回でKOしてしまうんだ。ロマチェンコやクロフォードもそれをできたというのかい?」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集