[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥、決勝の米国開催をDAZN幹部が希望 LAが候補「我々は重要な株主だ」

ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級で決勝進出を決めたWBA&IBF王者・井上尚弥(大橋)。5階級制覇王者ノニト・ドネア(フィリピン)との激突の舞台に注目が集まる中、米国で準決勝を生中継したスポーツチャンネル「DAZN」の幹部が米国開催を熱望。

井上尚弥【写真:Getty Images】
井上尚弥【写真:Getty Images】

DAZN北米地区役員はSライト級とのWヘッダー希望「我々の理に適うものだ」

 ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級で決勝進出を決めたWBA&IBF王者・井上尚弥(大橋)。5階級制覇王者ノニト・ドネア(フィリピン)との激突の舞台に注目が集まる中、米国で準決勝を生中継したスポーツチャンネル「DAZN」の幹部が米国開催を熱望。「重要な株主として意見する」と語り、「モンスター対フィリピンの閃光」というメガバトル誘致に本腰を入れる姿勢を示している。地元紙「ロサンゼルス・タイムズ」が報じている。

【PR】「本当に助かりますね」と感謝 高木美帆選手も選んだスポーツブラ「CW-X」をもっと詳しく知るならこちら

 日本でも「スポーツ界の黒船」と称されたDAZNが井上のキャリア2度目の米国上陸に向け、ついに動き出した。記事によると、DAZN北米地区のジョー・マルコウスキーエグゼクティブ・バイス・プレジデントはニューヨークで会見を行い、WBSSのスーパーライト級とバンタム級の両決勝をダブルヘッダーで米国で開催させたい意向を明らかにしたという。

 マルコウスキー氏は「2つの決勝を合同で行うことは我々にとって理に適うものだ。より大きなイベントになる、マーケティング的にも威力を高めるだろう。当然ながら、米国で開催したいという願望がある。事態の推移を見守りたい」と語ったという。

 記事では「もし、WBSSの設立者がストリーミングサービス・DAZNというテレビ放送のパートナーの希望を受け入れるとするなら、ロサンゼルスは新たな重大なファイティングカードを開催する舞台に位置づけられる」と報じており、マルコウスキー氏は「我々は重要な株主だ。彼ら(WBSS側)に意見をする」とも語ったという。

1 2
インターハイ(インハイ.tv) | スポーツブル(スポブル)
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
プレミアリーグ8月10日開幕 DAZN独占配信
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集