[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大坂、最終Sは「アクセル踏めた」 難敵アザレンカ撃破「今日は挑戦者の気分だった」

テニスの4大大会・全仏オープン(テレビ東京系で地上波独占放送)は大会5日目の30日、女子シングルス2回戦が行われ、第1シードで世界ランク1位の大坂なおみ(日清食品)は同43位のビクトリア・アザレンカ(ベラルーシ)と対戦。元世界1位の難敵を相手を4-6、7-5、6-3と逆転勝利し、2年連続で3回戦進出を決めた。

3回戦進出を決めた大坂なおみ【写真:Getty Images】
3回戦進出を決めた大坂なおみ【写真:Getty Images】

終盤、アザレンカが見せた疲労に「アクセルを踏むことができた」

 テニスの4大大会・全仏オープン(テレビ東京系で地上波独占放送)は大会5日目の30日、女子シングルス2回戦が行われ、第1シードで世界ランク1位の大坂なおみ(日清食品)は同43位のビクトリア・アザレンカ(ベラルーシ)と対戦。元世界1位の難敵を相手を4-6、7-5、6-3と逆転勝利し、2年連続で3回戦進出を決めた。試合後に行われた会見で、大坂は「今日は挑戦者の気分で試合に臨んだの」と明かした。

【PR】「本当に助かりますね」と感謝 高木美帆選手も選んだスポーツブラ「CW-X」をもっと詳しく知るならこちら

 4大大会3連勝に向けて、また一歩前進した。これまで対戦成績1勝1敗と五分の元世界女王アザレンカと対戦。第1セットは第1ゲームをいきなりブレークされると4ゲームを連取され、4-6で落としてしまった。だが、第2セットに意地を見せ、第12ゲームまでもつれる展開に持ち込むと、最後はデュースの末にブレーク。第2セットを奪い返した。流れを掴んだ大坂は第3セット、第4ゲームでブレークに成功すると、そのまま勝利。2時間50分の熱闘に終止符を打った。

 対戦前に「今年一番大変な試合になると思う」と話していた大坂は、アザレンカを相手に「挑戦者の気分」で向かっていったという。元世界ランク1位でグランドスラムも制覇したことのある“大先輩”。「対戦が楽しみだったし、緊張もしてしまった」と第1セットを落としたが、「彼女が終盤疲れてきたところで、アクセルを踏むことができた」と勝利に笑顔を見せた。

「今までで一番緊張した」という1回戦ほど緊張はせず「今日はいいプレーができたと思う」というが、「ビカ(アザレンカ)がウィナーを決めてきたので、私はミスをせずに、アグレッシブになる必要があった」と一筋縄にはいかなかった。

 2戦連続でのフルセット。「今日はよりメンタル的にタフでした。第1セットはコテンパンにされたけど、なんとかポジティブにいる道を見つけられました」と振り返った勝利に、試合後は充実の笑みがこぼれた。

(THE ANSWER編集部)

プレミアリーグ8月10日開幕 DAZN独占配信

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
プレミアリーグ8月10日開幕 DAZN独占配信
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集