[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥を倒すなら「ロドリゲスしかいない」 スペイン紙「試合支配する術知ってる」

ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級準決勝でIBF王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)との激突を控えるWBA王者・井上尚弥(大橋)。公開練習ではロドリゲス陣営が視察していた井上の父・真吾トレーナーを突き飛ばすという騒動も起こった。戦前では井上優位が予想されているが、スペインメディアからは「倒せる人間がいるとするなら、ロドリゲスしかいない」とライバルを評価する声が出ている。

井上尚弥【写真:Getty Images】
井上尚弥【写真:Getty Images】

戦前は井上優位予想も…スペイン紙「ロドリゲスもそこまで劣る存在ではない」

 ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級準決勝でIBF王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)との激突を控えるWBA王者・井上尚弥(大橋)。公開練習ではロドリゲス陣営が視察していた井上の父・真吾トレーナーを突き飛ばすという騒動も起こった。戦前では井上優位が予想されているが、スペインメディアからは「倒せる人間がいるとするなら、ロドリゲスしかいない」とライバルを評価する声が出ている。

【PR】「本当に助かりますね」と感謝 高木美帆選手も選んだスポーツブラ「CW-X」をもっと詳しく知るならこちら

 事実上の決勝と称される無敗王者同士の対決。スペイン地元紙「AS」も「ナオヤ・イノウエ、マニー・ロドリゲスというキャリア最大の難題に」と特集した。記事では無敗王者同士の決戦で、井上の強さを認めている。2017年に米カリフォルニアでアントニオ・ニエベス(米国)との戦いで海外初進出を果したモンスターは今回、2度目の国外戦、そして欧州初上陸となる。

「彼は米国でデビューを果たした際、多くのファンの目に焼き付けた。スピード、パンチ、戦術、知性。26歳の日本人に欠けている能力は存在しない」

 弱点は見当たらないとしたが、今回の相手は強敵だ。「イノウエが全て可能にする能力の持ち主だとして、ロドリゲスもそこまで劣る存在ではない。IBF王者は重要なパンチ力を持ち、試合を支配する術を知っている。そして、最も重要なのは井上のようなリズムの持ち主相手にどのように守り、鋭いカウンターを正確に打ち込む方法を知っているということだ」と評価している。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
プロ野球開幕、徹底ライブ中継に見逃し配信も
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集