[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

手痛い代償… シモンズの“股間肘打ち”に罰金222万円 米紙「不快なローブロー」

米プロバスケットボール(NBA)のプレーオフ、東カンファレンス準決勝第3戦(7回戦制)は76ersがラプターズを116-95で下し、2勝1敗とした。ファイナル進出に一歩前進したが、試合中にベン・シモンズが競り合った相手の股間に肘打ちを入れ、決定的瞬間を米メディアが公開。波紋が広がっていたが、NBAはシモンズに罰金2万ドル(約222万円)という厳罰を科している。

ベン・シモンズ(左)【写真:Getty Images】
ベン・シモンズ(左)【写真:Getty Images】

第3戦で審判が見ていない間に見舞った肘打ちに処分、出場停止は回避

 米プロバスケットボール(NBA)のプレーオフ、東カンファレンス準決勝第3戦(7回戦制)は76ersがラプターズを116-95で下し、2勝1敗とした。ファイナル進出に一歩前進したが、試合中にベン・シモンズが競り合った相手の股間に肘打ちを入れ、決定的瞬間を米メディアが公開。波紋が広がっていたが、NBAはシモンズに罰金2万ドル(約222万円)という厳罰を科している。

【特集】「美しくなければならない」バレーボール女子代表“火の鳥NIPPON”の挑戦 / バレーボール女子日本代表(GROWINGへ)

 まさかの事件は第2クォーター残り8分36秒で起きた。76ers攻撃の場面で、ゴール下でリバウンドを取ろうとしたシモンズが跳び上がったが、ラプターズのロウリーが体を寄せてブロック。着地の際にバランスを崩してコートに腰を落とすような形になった。ロウリーの臀部が顔付近に寄せられ、次の瞬間、次代のNBAのスーパースターと期待される男が驚きの行動に出た。

 座ったままの状態で左肘を振り上げ、ロウリーの股間にエルボーをお見舞いする格好に。ロウリーは思わずコートに昏倒。フロアを叩いて痛がっていたが、シモンズはそのまま走り去り、守備に戻っていった。審判は見ていない間に行われたが、決定的瞬間はテレビカメラに収められていたため、SNS上で「恐ろしい!!!」「なんだこれは?」とファンに波紋を呼んでいた。

 NBAは3日(日本時間4日)に公式サイトでシモンズに厳罰を下したことを発表した。「ベン・シモンズはカイル・ロウリーの鼠蹊部に対する打撃で、リーグの再審査により、2万ドルの罰金とフレグラント・ファウルの『レベル1』と判断された」とした。

 フレグラント・ファウルは危険度の高いファウルで、レベル2の場合、一発退場で出場停止処分が追加される可能性もあるが、シモンズは出場停止処分は避けることができた。だが、肘打ちは222万円の厳罰に。地元紙「ニューヨークポスト」も「76ersのスター、ベン・シモンズが不快なローブローの代償を支払う」と速報した。

(THE ANSWER編集部)

プロ野球徹底ライブ中継&見逃し配信

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集