[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ドネアに衰えなし!? “閃光の左”の鮮烈KOが「KO・オブ・ザ・イヤー」候補に

ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級準決勝は27日(日本時間28日)、WBAスーパー王者のノニト・ドネア(フィリピン)がWBO同級5位ステフォン・ヤング(米国)に6回KO勝ち。決勝進出を決めた。米メディアはノックアウト・オブ・ザ・イヤー候補と絶賛している。

ノニト・ドネア【写真:Getty Images】
ノニト・ドネア【写真:Getty Images】

WBSS準決勝でヤングを倒したシーンをESPNが絶賛

 ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級準決勝は27日(日本時間28日)、WBAスーパー王者のノニト・ドネア(フィリピン)がWBO同級5位ステフォン・ヤング(米国)に6回KO勝ち。決勝進出を決めた。米メディアはノックアウト・オブ・ザ・イヤー候補と絶賛している。

【PR】「本当に助かりますね」と感謝 高木美帆選手も選んだスポーツブラ「CW-X」をもっと詳しく知るならこちら

「ノックアウト・オブ・ザ・ウィーク」に“フィリピンの閃光”と呼ばれる猛者を選出したのは米テレビ局「ESPN」だった。ドネアは左フック一発で、ヤングを失神させたが、特集では「未来の殿堂入りファイター、ドネアは36歳でキャリアの終焉にいるが、それでも5階級制覇王者は依然として左フックで破壊することができる」と称賛している。

 2011年にはフェルナンド・モンティエルを左フックで2ラウンドで倒し、ESPNの年間最優秀KO賞を受賞。あれから8年が経過しているが、左のキラーブローに翳りはないと評価している。

 そして、今回ヤングを失神させた一撃については「12月になれば、これも年間最優秀KO賞の議論に間違いなくなるだろう」と紹介している。

 ドネアの次戦、WBSS決勝については「この夏か遅くとも9月」と記述。5月18日にWBA正規王者の井上尚弥(大橋)が準決勝でIBF王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)を倒せば夢の対決が実現するが、特集では井上について「大会の優勝候補」と評価。ドネアの快勝劇にも関わらず、依然として井上優位と分析している。

(THE ANSWER編集部)

プロ野球開幕! 徹底ライブ中継&見逃し配信

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
プロ野球開幕、徹底ライブ中継に見逃し配信も
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集