[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ドネアが決勝で井上尚弥との対戦を望んだワケ「日本をどれだけ尊敬し、愛しているか」

ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級準決勝は27日(日本時間28日)、WBAスーパー王者のノニト・ドネア(フィリピン)がWBO同級5位ステフォン・ヤング(米国)に6回KO勝ち。決勝進出を決めた。フィリピンの英雄は試合後のリング上で決勝に向け、日本愛とともにWBA王者・井上尚弥(大橋)への挑戦状を叩きつけた。

ノニト・ドネア【写真:Getty Images】
ノニト・ドネア【写真:Getty Images】

試合後のリングで明かした日本と井上に明かした“尊敬”

 ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級準決勝は27日(日本時間28日)、WBAスーパー王者のノニト・ドネア(フィリピン)がWBO同級5位ステフォン・ヤング(米国)に6回KO勝ち。決勝進出を決めた。フィリピンの英雄は試合後のリング上で決勝に向け、日本愛とともにWBA王者・井上尚弥(大橋)への挑戦状を叩きつけた。

【特集】「美しくなければならない」バレーボール女子代表“火の鳥NIPPON”の挑戦 / バレーボール女子日本代表(GROWINGへ)

「フィリピンの閃光」と呼ぶに相応しいファイナルブローだった。6回、ジャブでリング側にヤングを追い詰めたドネアは左フック一閃。顎を完璧に射抜いた。右肩負傷で突如欠場となったWBO世界王者ゾラニ・テテ(南アフリカ)の代役となったリザーブ選手を華麗にノックアウトした。海外メディアも実際のシーンを驚きをもって伝えていた。

「WBSSバンタム級ファイナルで対戦するとするなら誰がいいですか?」

 試合後、WBSSのリングアナを務めているレイ・フローレス氏から勝利後のリング上で決勝についての質問を受けた。もう一つの準決勝は5月18日、グラスゴーで行われる。IBF世界王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)と井上との対決は事実上の決勝と呼ばれているが、5階級制覇王者の頭の中には戦いたい相手は、明確だったようだ。

「どちらもアメージングな存在だと理解している。だが……」とした上で、ドネアはこう続けた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集