[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ATPポスター巡り論争!? “顔”がフェデラーからナダルに急転「ファンの圧に屈した」

男子テニスのATPツアーはクレーコートシーズンが開幕しているが、新たなイメージポスターを巡って話題を呼んでいる。当初、製作されたのはロジャー・フェデラー(スイス)がセンターだったが、「赤土の帝王」の異名を取るラファエル・ナダル(スペイン)のファンが反発。ナダルをセンターとしたものに差し替える形となったという。スペインメディアが実際の“ビフォーアフター”を公開し、海外ファンの間で賛否の声が上がっている。

ラファエル・ナダル(左)とロジャー・フェデラー【写真:Getty Images】
ラファエル・ナダル(左)とロジャー・フェデラー【写真:Getty Images】

ポスターのメインを巡り変更騒動に…“ビフォーアフター”をスペイン紙公開

 男子テニスのATPツアーはクレーコートシーズンが開幕しているが、新たなイメージポスターを巡って話題を呼んでいる。当初、製作されたのはロジャー・フェデラー(スイス)がセンターだったが、「赤土の帝王」の異名を取るラファエル・ナダル(スペイン)のファンが反発。ナダルをセンターとしたものに差し替える形となったという。スペインメディアが実際の“ビフォーアフター”を公開し、海外ファンの間で賛否の声が上がっている。

【PR】「本当に助かりますね」と感謝 高木美帆選手も選んだスポーツブラ「CW-X」をもっと詳しく知るならこちら

 クレーコートシーズンの“顔”を巡り、よもやのひと悶着が起きている。作成されたのは「NetFlix」の作品「Stranger Things」を模した「CLAY COURT THINGS」との文字が入ったイメージポスターだ。ラケットを持ってポーズを取ったトップ選手9人が、それぞれ配置されたもの。当初はフェデラーが最も大きく、メイン扱いに。それに次ぐ形でナダルが配置され、他にジョコビッチ、錦織、ズベレフらも一緒に掲載されていた。しかし、この配置がナダルファンの反発を呼んだという。

 ナダルの母国、スペイン紙「マルカ」によると、ファンが腹を立て、全仏オープンを11度制したナダルを主役にすべきと要求。これをATPが受け入れ、2人の位置の変更したという。記事では、ナダルがクレーコート81連勝のほかに優勝57度、勝率92%という歴代1位の記録を残していることも紹介。結果、新たに出来上がったのはナダルが最も大きく、次いでフェデラーとジョコビッチが配置された形となり、マルカは“ビフォーアフター”の画像も公開している。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
プレミアリーグ8月10日開幕 DAZN独占配信
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集