[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥に「勝てたと今も思う」 “112秒陥落”元王者が主張「人々は俺を笑うが…」

ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級準決勝(5月18日・英グラスゴー)でIBF王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)と対戦するWBA王者・井上尚弥(大橋)。18年5月のWBA世界タイトルマッチでバンタム級転向初戦に112秒でKOした前王者ジェイミー・マクドネル(英国)は「人々はオレを笑うが、今でも勝てたと信じている」と負け惜しみに出ている。英ボクシング専門誌「ボクシングニュース」が報じている。

ジェイミー・マクドネル【写真:Getty Images】
ジェイミー・マクドネル【写真:Getty Images】

バンタム級転向初戦で敗れたマクドネルが負け惜しみ「2年前なら違う戦いに」

 ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級準決勝(5月18日・英グラスゴー)でIBF王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)と対戦するWBA王者・井上尚弥(大橋)。18年5月のWBA世界タイトルマッチでバンタム級転向初戦に112秒でKOした前王者ジェイミー・マクドネル(英国)は「人々はオレを笑うが、今でも勝てたと信じている」と負け惜しみに出ている。英ボクシング専門誌「ボクシングニュース」が報じている。

【PR】「本当に助かりますね」と感謝 高木美帆選手も選んだスポーツブラ「CW-X」をもっと詳しく知るならこちら

 バンタム級でも猛威を振るうモンスターの最初の餌食となったのが10年間無敗だったマクドネルだった。2013年から王座を守ってきた英国人ファイターは井上の強打に屈し、112秒で王座を明け渡した。しかし、記事によると「未だにイノウエを倒せると信じている。オレは自分の年齢であの階級にとどまりすぎてしまったんだ」と振り返り、悔しさを露わにしたという。

「誰もが彼を絶賛するが、彼を倒せたはずだと今日まで信じている。これを言うと、人々はオレを笑うけれどね。彼はお前を1ラウンドで吹っ飛ばしたじゃないかと、みんな言う。確かにそうだ。しかし、彼は俺を打ち負かしてはいない。2年前なら違ったファイトになっていただろうね」

 敵地・東京に乗り込んだマクドネル。バンタム級では長身の英国人ファイターは減量苦に苛まれ、井上のワンサイドゲームとなったが、2017年に対峙していれば接戦に持ち込めたと主張。さらに 「もし、普通の状態で試合に入れたら。体重をちゃんと作れたら、オレは彼を倒していた。彼を倒せたんだ」とも語ったという。

1 2
インターハイ(インハイ.tv) | スポーツブル(スポブル)
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
プレミアリーグ8月10日開幕 DAZN独占配信
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集