[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ネリ、圧勝劇をパッキャオが観戦 “問題児”も喜び「俺の試合に来てくれて嬉しいよ」

ボクシングのバンタム級10回戦(米アーリントン)は16日(日本時間17日)、前WBC世界バンタム級王者の同級1位ルイス・ネリ(メキシコ)が元IBF世界スーパーフライ級王者のマクジョー・アローヨ(プエルトリコ)に4回終了TKO勝ちを飾った。米デビュー戦で圧勝し、デビューからの連勝は「29」に。この一戦を観戦していたのが、6階級制覇王者マニー・パッキャオ(フィリピン)だ。海外メディアが試合後の2ショットを公開し、勝ったネリは「俺の試合に来てくれて嬉しいよ」と喜んでいる。

ルイス・ネリ【写真:Getty Images】
ルイス・ネリ【写真:Getty Images】

4回TKO勝ちをパッキャオが観戦、リングサイドで2ショット撮影も

 ボクシングのバンタム級10回戦(米アーリントン)は16日(日本時間17日)、前WBC世界バンタム級王者の同級1位ルイス・ネリ(メキシコ)が元IBF世界スーパーフライ級王者のマクジョー・アローヨ(プエルトリコ)に4回終了TKO勝ちを飾った。米デビュー戦で圧勝し、デビューからの連勝は「29」に。この一戦を観戦していたのが、6階級制覇王者マニー・パッキャオ(フィリピン)だ。海外メディアが試合後の2ショットを公開し、勝ったネリは「俺の試合に来てくれて嬉しいよ」と喜んでいる。

【特集】「サッカーを楽しむ」は今も― “炎の守護神”が現役生活で教えられたこと / サッカー 川口能活氏(GROWINGへ)

 ボクシング界が誇る英雄が見守る前で、ネリが勝った。2回に左アッパーで1度目のダウンを奪うと、3回には連打からの左、4回にはロープ際の猛ラッシュで2度のダウンを奪い、ワンサイドゲームでTKO勝ち。デビューからの連勝を「29」に伸ばした。この一戦を観戦していたのが、パッキャオだった。

 米スポーツ専門局「ESPN」メキシコ版のボクシング公式ツイッターは、リングサイドで実現していた2ショット写真を公開。メキシコの国旗を肩にかけ、誇らしげにファイティングポーズを取った隣からジャケット姿のパッキャオが肩に手を回し、優しげな表情で労っているような1枚を披露していた。

 米紙「ロサンゼルスタイムズ」によると「マニー・パッキャオと比較されてきたネリは米国デビューに満足げだった」と記した上で、試合後に「彼らが自分とパッキャオを比べてくれたことが嬉しい。そして、彼が俺の試合を見に来てくれたことはもっと嬉しいよ」とネリが喜んだことを伝えている。

 パッキャオはこの後に行われたIBF世界ウエルター級タイトル戦のエロール・スペンス(米国)―マイキー・ガルシア(米国)も観戦した。ネリにとっては山中慎介(帝拳)戦で体重超過により、王座剥奪、6か月出場停止を経て帰ってきたリング。英雄にファイトを披露できたことは格別だったようだ。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
プロ野球開幕! 徹底ライブ中継&見逃し配信
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集